ここから本文です

シン・ゴジラ (2016)

SHIN GODZILLA

監督
庵野秀明
樋口真嗣
  • みたいムービー 3,322
  • みたログ 4.5万

4.06 / 評価:39,712件

カッコイイ

  • tak***** さん
  • 2019年6月2日 20時40分
  • 閲覧数 1506
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ハリウッド版ゴジラ:キング・オブ・モンスターズを観た後の小学生たちの会話、「シン・ゴジラの方がカッコイイ」からの鑑賞。たしかにカッコイイ!

まずゴジラのフォルムがカッコイイ! ハリウッド版はずんぐりむっくりですが、庵野版はティラノサウルスのような「恐竜」のフォルム。ティラノも、最近は羽毛が生えたりとか迷走してますが、私の好きなティラノは昔の図鑑や学研マンガ:恐竜のひみつに出てくるような直立気味のティラノです。

背びれや口から容赦なく放たれる青い光線がカッコイイ! 色んなところで考察されてると思いますが、東京が一瞬で焦土と化すシーンはナウシカの巨神兵のオマージュなんでしょうね。ハンパない規模のディザスターを目の当たりにする絶望感が中二心をくすぐります。GANTZのカタストロフィ編に通じるものがあります。

庵野さんって、中二病的なオタク心をつかむのが本当にうまいと思いますね。男の子の考えるカッコイイが全て詰まっています。

・幼生形態時の「エラからなんか出てる!」みたいな生物的なグロさ

・ミリオタ狂喜の自衛隊の作戦行動、戦車や戦闘機などの兵器の活躍

・鉄ちゃん狂喜の「無人在来線爆弾(E233系・E231系電車流用)」

・ミニカみたいな重機の大活躍(別名:ゴジラの歯医者さん)

などなど。

パニックムービーとして日本政府の右往左往を主軸に描く構成にも満足。キャスティングでは、石原さとみよりもリケジョの方が性癖に刺さったのは私だけではないと思います。ラストでの無感情キャラからの笑顔は明らかに狙ってますね(笑)

あと石原さとみの英語のイントネーションが自然な感じで驚きました。正直ケン・ワタナベの英語には単語を置きに行っている感じがあり、彼のキャリアをしてもこんなものかという印象だったのですが、その分さとみんの英語には新鮮な驚きがありました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ