2016年3月26日公開

孤高の遠吠

1262016年3月26日公開
孤高の遠吠
2.3

/ 67

13%
12%
16%
7%
51%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • 佐藤次徳

    1.0

    くそ

    これが、今のガキどものリアルであれば糞やね。つまらん過ぎる。もはや映画ではない。

  • o_m********

    5.0

    これこそ映画!若い子は絶対見るべき!

    これは面白いです。 狂い咲きサンダーロードを始めて観た時の衝撃が蘇ります。 8mmを持って映画を撮ろうとしていた頃を思い出します。 そして静岡。 どんなに怖くても優しい言葉遣いです。 こんな事が感動できる様な日本でしか撮れない青春映画です。 映画好きの若い人には是非見てほしいです。 中学生の時に見ていたら人生が変わる様な映画です。 もう一度学生時代に戻って映画を撮りたくなります。

  • あびる

    1.0

    ED曲が示す通り

    とてつもなく浅い映画です。 映画評論家からの評判を聞きつけ、UPLINKまで見に行きましたが、あまりにも退屈であくびがでました。 ストーリーの推進力もなければ、何より素人を起用した演技が見てられません。 ほんとに学芸会レベルの棒読みで、役者という仕事がいかに難しいか見せつけられます。 分かる人には分かるという映画ですらないと思います、端的につまらない、退屈な映画です。 インディペンデントという点を考慮しても、過大評価だと思います。 これを見るなら、サイタマノラッパー3やケンとカズをお勧めします。田舎の底辺つながりとして。

  • hra********

    4.0

    逆アクトオブキリング

    マージャンで点数の低い牌のみを揃えたら最高点数の手になるように、この映画は主要キャラを演じる役者を演技未経験者のみで固めたら最強の映画になった。 その要因はもちろん本物の不良たちという点。 加えてこの映画は理不尽な体験をした不良たちが敢えて理不尽を与えた側を演じている事にある。 被害者が実演する逆アクトオブキリング状態。 取材を元にした演出のさらにその先を行く演出、 悪役を演じている赤池ユキヤ・小林モトキの二人の芝居が芝居と素の中間にある感情を爆発させている。 自分が受けた仕打ちを悪役側で再現する事で「お前らこんな最低に見えてんだよバカ!!」とでも言っているような。 監督と役者が命を削っている映画だからこそ、とことん粗い画が作品全体をむしろ荒々しいものにしている。 そこに岡田斗司夫の言うところの侘び状としてのエンターテイメントな作りもしっかりやっているから評価されない訳がない。 もっともっと評価されて欲しい。

  • ムービースター

    5.0

    リアルに

    不良になるあたりが本当にリアルにできてました! 何気ない先輩との付き合い、機嫌伺いが非行に走るきっかけというのは、経験者には「あ、そうだったな」と思わされました! 90年代後半~2000年代前半の方には共感がえる作品だと思います!

  • jut********

    1.0

    ゴミみたい映画やないやろ

    時間の無駄 と言うか金を払える代物ではない

  • jir********

    5.0

    狂い咲きサンダーロード

    クローズのような想像の中の不良ではなく、現実に実際に最も数が多い不良を描いている。 要は自堕落で自分が一番可愛くて凶暴で・・・クズ。 でも現実より凶暴すぎるかな、そこも狂い咲きサンダーロードと一緒。 主人公格のカミオは実際に不良におわれて町を出たので途中の出演なし、ラストで戻ってくるのだが、それはこの映画の助監督は実際に出演しているユウキ先輩なのだがその不良ネットワークに探し出されて連れ戻されたらしい。 そのユウキ先輩の実際の親友がジンギくんらしい。 もうこういうのは設定を考えた時点で勝ちが決定している。 つまらなくなるわけがない。 これを歌に直すと、歌は下手でもいい、魂で歌うもの、といった感じになる。 覚悟の凄さを見せつければ良いんだ!

  • yaj********

    3.0

    不良少年が再現したらこうなる

    芝居は下手だけど、だからこそ本物の不良だってのはわかる。カメラ回ってるからみんな遠慮してる感じ。それでも不良の世界がどんなもんかじわじわ伝わってくる。 ただチンコをチラチラ見せてたのは監督なんだろう。

  • ken********

    5.0

    近寄りたくない人たちばかり

    もう近寄りたくない人たちばっかり。昔ながらの不良の生態を堪能しました。 やばそうな世界ですね。もう生々しい感じの演出で、映画にパワーがあっておもしろかったです。 富士宮行くの怖いですね。

  • at2********

    1.0

    ネタバレ余計な演出が観ていて辛い。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lav********

    3.0

    リアルです。

    B級感たっぷり、芝居は下手です。 しかし、いつのまにか食いついていました。 青春時代を思い出す作品です。 この監督期待できるぜ! 本当にリアルな重厚な作品でした。 しかし、暴走シーンは捕まらないのかなぁ。

  • min********

    4.0

    教育関係者にこそ観てほしい!

    まるで野生の猛獣が縄張りや餌を理不尽に奪い合う姿にも似た「不良」と呼ばれる若者たちが、ものすごいリアリティをもって画面の向こう側から「輩」たちが吠えてきます。 彼らの生態、思考回路、行動様式。常人には到底理解しがたい展開が淡々と続いていきます。 私たちの日常生活と「地続き」であるにも関わらず、全く相いれない価値観を持つ人々の一面が綴られている点からすると、ある意味、これは非常に貴重な「教育資料」にもなりうる可能性を持った一作ではないかとも感じました。

1 ページ/1 ページ中