ここから本文です

モンスターズ/新種襲来 (2014)

MONSTERS: DARK CONTINENT

監督
トム・グリーン
  • みたいムービー 67
  • みたログ 371

1.87 / 評価:315件

この映画を企画した人は頭悪いの?

  • ibukulo- さん
  • 2018年9月28日 0時53分
  • 閲覧数 1061
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

いやー、超久しぶりに1点付けたわー。「パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT」以来、ほぼ4年ぶり。
つまり、ここ数年では最低の映画だったってことね。

この映画の内容は、ほぼ、アメリカ軍の中東治安維持部隊と現地の武装勢力の戦いのみ。
つまり、「ハート・ロッカー」や「アメリカン・スナイパー」と同じような映画ってことね。
モンスターは、遠くでうごめいてるか走って通り過ぎていくだけで、ほぼ「風景」でしかない。
モンスターに対する戦闘シーンと言えば、時折、ジェット戦闘爆撃機が高速で飛んできて爆弾落としていくだけで、歩兵との戦闘は全くと言っていいほどなくて、人がモンスターに襲われるシーンも皆無。
1作目ですら全然、怪獣映画でもモンスターパニック映画でもなかったけど、少なくとも人がモンスターに襲われるシーンがあったよね?
この映画は、それを通り越して全く別の映画になってたよ。



・・・・・あのねえ、「モンスターズ」なんてタイトルが付いてて、ポスターなんかにもでっかいモンスターが写ってる場合、それを観に来るのは、怪獣映画かモンスターパニック映画が好きな人なわけですよ。
逆に、このタイトルとポスターだと、現在の中東の状況に興味があっても、モンスターに興味のない人は観に来ないわけですよ。
だから、この映画を観に来た人のほとんどは「好きでもないジャンルの映画を観せつけられた」と思うわけですよ。
となると、映画の内容が良くても、決して高い点数なんか付かないし、当然、リピーターもほとんどいないわけですよ。


・・・この映画のスタッフは、そんなこともわからないで映画作ってるの?
シロウトなの?
バカなの?


という部分に大いにあきれたよ。



かといって、戦争映画として観れば面白いかというと、これが全然つまらない。
たまに起こる戦闘はどれも小規模だし、ありがちなシーンばかりで意外性なんかどこにもない。
「ハート・ロッカー」が、すんごくつまらない映画だったけど、あれよりもっとつまらない映画だったと言えば大体わかるでしょw
中東の戦場における兵士の心理状態を描写したかったっぽいんだけど、全然伝わってこなかったし、元々、観た人のほとんどはそんな内容期待してないから、余計に伝わって来ないよね。
さらに、戦場に行く前の序盤のシーンの退屈さ加減がハンパなくて、あまりに退屈なので、実は、観始めて序盤で3回ぐらい挫折して観るのをやめた。
3連休で時間があったんで、なんとか4回目で全部見たけど「つまらない」の評価は特に変わらなかったね。
というか、モンスターとの戦闘シーンが全然なかったので、逆に評価は下がったよ。


唯一のトピックスは、「ザ・マミー」で、そのマミー役をやってたソフィア・ブテラちゃんが終盤に登場することね。
といっても、現地の村の住人役でちょこっと出てくるだけだけどねw



とにかく、タイトルから想像するのとまったく違う映画を観せられたので、あきれると同時に相当腹が立ってるよ!
怪獣映画を観たい人、この映画はスルーしましょう。

・・・中東の状況に興味ある人も、内容が薄いからスルーして全然問題ないですwww

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ