レビュー一覧に戻る
劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-
2017年2月18日公開

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-

SWORD ART ONLINE

1192017年2月18日公開

ss_********

3.0

ネタバレSAOシリーズとしての致命的な問題点

人気のSAOシリーズの劇場版です。TVアニメはSAO~2期の半分GGOまで見ています。というか、そこまで見て飽きてしまいました。 孤高の黒衣の剣士だったキリトも気が付けばハーレムのモテモテキャラに。最初からハーレムラブコメ作品としてなら見られたでしょうが、脱出不可能のアインクラッドというハードでシリアスなシナリオがハーレムになってしまえば興ざめしてしまうもの。 そして、SAOシリーズの根幹としてどうしても拭えないのは最初のアインクラッド編で数千人の死者を出す現実に起きれば世界的大事件で生還したSAO サバイバー達がVRMMOから引退したり、精神を病んだりせずに新しいMMORPGに興じて楽しんでいるのはいくらフィクションの作り話とはいえ理解ができないからです。 MMORPGを自分も昔プレーしていたことがありますが、これはのめり込むと現実の生活に確実に支障が出ると、手が離れた記憶があります。昨今報道されることは少ないですが、オンラインRPGに傾倒しすぎて廃人同然となる人が今でも少なからずいるはずです。もちろん適度に楽しむのは問題ないのですが・・・。 話がそれましたが、そうした死と隣り合わせの危険なゲームから脱出していて、仲良く新しいVRMMORPGを楽しむのは設定として無理があるし、ならばいっそアインクラッドだけの物語にしておけばよかったのにと思ったりします。 映画のことをまるで話をしていませんが、ARデバイスの普及による社会生活の変化とか、メタバースが叫ばれる昨今そんな未来を感じさせる世界観の設定や映像面はとても評価できる反面、そうしたSAOサバイバーという行動原理が理解不明なメインキャラ達の存在が評価を下げているのが残念でなりません。

閲覧数531