レビュー一覧に戻る
クリムゾン・ピーク
2016年1月8日公開

クリムゾン・ピーク

CRIMSON PEAK

R15+1192016年1月8日公開

mr_********

3.0

脚本がシンプルすぎる。

時代は20世紀初頭のニューヨーク。 富豪の娘イーディス(ミア・ワシコウスカ)は小説家になろうと執筆するが、どこからも相手にされない。 偶然パーティで出会った掘削機のセールスでアメリカに来た、今は落ちぶれた貴族のイギリス人トーマス(トム・ヒドルストン)と恋に落ちる。 その後イーディスの父親が事故死したのを機にトーマスと結婚してイギリスの片田舎にあるクリムゾン・ピークに移り住む。 しかしそれはイ―ディスの遺産を狙ったトーマスと姉ルシール(ジェシカ・チャステイン)の策略だった・・・。 まず、イーディスのおバカさ加減に感情移入できない(笑) 売れない小説を売り込みに行ったり、怪しげなイケメン・トーマスとすぐ恋に落ちたり。 父親が死んだのにトーマスと結婚、もあり得ないだろう。 その父親の死も明らかな殺人と思われるのに、あっさり事故死になるのも不自然。 しかも幽霊、あんまり出てこないし(笑) 出るんだったらイーディスの方ではなくトーマスとルシールの方だと思うがw ラストもトーマス、掘削機の犠牲になるのよね、と思ったらそれも無し、もったいない! セットとか衣装などに金がかかっていて見応えはあるが、お話の方があまりにもありきたりすぎで面白くない。 一番の問題は主人公を演じたミア・ワシコウスカじゃないのかな。 失礼ながら、悲劇の主人公顔じゃない。  「アリス・イン・ワンダーランド」の時もアリス役は美少女にすべきだろ!と思った(笑)

閲覧数911