ここから本文です

僕だけがいない街 (2016)

監督
平川雄一朗
  • みたいムービー 724
  • みたログ 6,081

3.13 / 評価:5,054件

前半良い演出、後半が残念

  • phuket_paradaise さん
  • 2019年1月26日 3時18分
  • 閲覧数 1554
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

子役の2人の演技や演出が凄く良かったです。
有村架純も。
タイムスリップもの好きなので、世界観に魅入ってしまいました。

しかし後半が残念。映画では布線が丁寧に描かれてなく、モヤモヤしたまま終了。
あの映画を見ただけじゃ、何故、悟が助かったのか?両想いになれた雛月と結ばれなかったのか?

子供の時も、大人になってからも、何で殺人犯の八代先生と危ない場所に行くのか?頭悪いし、不自然な点が多々。

原作あらすじ読んで分かりましたが。
悟には雛月か愛梨とくっついて欲しかった。
あれだけの好意がありながら、何でだよと。

そして原作のハッピーエンドから変えるのはいかがかと。映画にありがち?すぐ主人公死なせて「悲しいけど希望のある美しい結末」にするのはシラケます。。

過去を変えた歪みで本人が死ぬ..て監督側の意図も、口コミみてやっと気付きました。
あれじゃ気付かないよ、、

他の作品でも思うけど、原作と映画の結末変える監督って傲慢だなと。なら作らなきゃいいのに。原作にリスペクトしてないし、作者も可哀想。
原作が悲劇で可哀想だから、ハッピーエンドなら分かるんだけど。

前半良かっただけに、残念な作品。
あと藤原竜也がミスマッチ。
頭良い役が似合いますね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ