ここから本文です

キャロル (2015)

CAROL

監督
トッド・ヘインズ
  • みたいムービー 1,643
  • みたログ 3,562

3.59 / 評価:2300件

自由に生きる喜びを描いた名作

  • biz***** さん
  • 2019年12月8日 22時34分
  • 閲覧数 3060
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

鏡の前で髪を梳(と)かしているテレーズ。それを見てキャロルは彼女に近づいた。ハッピーニューイヤー。テレーズもワイングラスを傾けて微笑んだ。ハッピーニューイヤー。夫婦だけの大みそかは一度もないの。主人はいつも仕事優先。顧客の接待ばかり。私も新年はいつも人ごみの中でひとりぼっち。でも今年は一人じゃない。ふたりは自然に唇を合わせた。なんて美しいのテレーズ。震えているのね。消さないでキャロル。あなたを見ていたいから。ああ私の天使。天から落ちてきた人。初めて二人が出会ったのはクリスマスで賑わうニューヨークのデパート。店員のテレーズはふと上品な女性に目が留まった。高価なファーコートを身にまとった金髪の女性キャロル。そして彼女も遠くから円らな瞳のテレーズを見つめた。監督は言う。昔から女性にとって男性の社会で生きていくことは大変だった。虐げられ、求められそして傷ついてきた。だからきっと疲れを癒し自由に生きる喜びを求めているはずだと。テレーズはもう迷わなかった。キャロルのいる所へと急いだ。キャロルは男たちといた。彼女の目の端にテレーズの姿が映った。そして彼女は静かに微笑んだのだった。この映画は初めて見るが、紛れもなく美しいラブストーリーである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ