ここから本文です

キャロル (2015)

CAROL

監督
トッド・ヘインズ
  • みたいムービー 1,640
  • みたログ 3,511

3.59 / 評価:2257件

余韻

  • fni***** さん
  • 2020年5月8日 19時55分
  • 閲覧数 1697
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

とても美しい作品です。
テレーズとキャロルが惹かれ合うデパートのシーンはもちろん、心を通い合わせ、“同性愛”と向き合い苦悩する描写がとても美しかったです。

心を殺して娘を育てる母親となる道を選ぶか、娘とともに暮らせなくとも自身を受け入れて生きるか...
同性愛が精神的におかしい、異常だと言われながらも、キャロルが放った「自分を偽る生き方では私の存在意義がない」というセリフが素晴らしかったと思います。
ラストシーンを初めて観たときの衝撃、後を引く余韻は忘れられません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ