ここから本文です

いしゃ先生 (2015)

監督
永江二朗
  • みたいムービー 34
  • みたログ 126

3.96 / 評価:99件

昭和10年代、僻地にて孤軍奮闘する女医

  • oir***** さん
  • 2020年7月4日 20時46分
  • 閲覧数 189
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

実在の女医さんをモデルとした映画。

山形の内陸僻地、無医村にて診療所女医となった志田周子さん。
村長の娘として父の願いである診療所設立、その医者として勤めてもらいたいという懇願に屈する形で不本意ながら医者となるも苦闘の連続。

まず村民の理解が全然得られない。迷信まじない療法めいたものが主流であり、病状が重篤であっても無知頑迷さや村八分を恐れて医者を突っぱねるなどらちが明かない。
それでも誠心誠意患者のために尽くす彼女の姿勢が村人たちの意識を徐々に変えていく。

妊婦であった母親の異常分娩をどうにも処置できず亡くしてしまっても落ち込む暇さえなく、約束の3年を過ぎても代わりの医者は見つからず留まるほかない。

東京の彼氏との糸も途切れ、あきらめの境地で生涯診療所医者としてとどまることを決意するも、自らの病も進行・・・

となかなかに壮絶な人生だったことが良く伝わってくる。

正直テレビドラマのレベルとは感じたが、静かな余韻が残るいい作品でした。

総評三ツ星


視聴前にテツandトモが出演していることを知っていたはずだが全然気付かず。それだけうまく農民として馴染んでいたということなのだろう笑。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ