レビュー一覧に戻る
ザ・ブリザード
2016年2月27日公開

ザ・ブリザード

THE FINEST HOURS

1182016年2月27日公開

OM

4.0

弱気なクリス・パイン

ディズニー+で見放題になって、当時気になっていたこともあり視聴したが、イメージと違い、難破した船の描写が少なくてビックリ。 主人公が救助隊の人間だから船の描写が減るのはわかるが、出会いと隊長のゴタゴタに時間が割かれている感じはする。 分かりにくかったのが、タンカーで大将になった彼が何故嫌われているのかがハッキリせず、(船乗りじゃなくて整備士なのかな?)パニックものアルアルの派閥争いでもう少し説明して欲しかった。 また、他の人が指摘しているようにキャラクターが扱いきれておらず、ほかを削って料理人の少年や主人公の相方の掘り下げをした方が、クライマックスに向けて感情移入しやすかった気がする。 あと、ディズニーだからか、沈んでいく船長側の描写がない為、船が沈むことへの絶望感を視聴者が感じにくく、ハラハラしにくかった。 ただ、白鯨の戦いもそうだったが、船乗りの実話系は映像的迫力があり、今回は荒れた海に小型船で突っ込む迫力は映画館だと凄かったのだろう。 クリス・パインのディズニー作品の中では、一番面白く、船が半分になっても操縦する様は斬新で、断面のメカメカしさはカッコ良かった。 救助物の群像劇としては、ダンケルクの方が、上手くまとまっているが、あっちは戦争モノで見るのが辛いので、人に勧めるならコッチかな、という映画だった。

閲覧数172