ここから本文です

ゾンビスクール! (2014)

COOTIES

監督
ジョナサン・マイロット
キャリー・マーニオン
  • みたいムービー 61
  • みたログ 375

3.00 / 評価:278件

イライジャ・ウッドは身長が168㎝です

  • bakeneko さん
  • 2020年5月3日 21時58分
  • 閲覧数 707
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

いきなりすみませんー本映画でもホビット扱いされたりしているので嘸かしチビだと思っている方が多いと思いますが、実は(さばを読んでいる)トム・クルーズと同じくらい身長があるんですよね。

給食のチキンナゲットにウイルスが混入し、食べた子供たちがゾンビ化してしまう。第二次性徴を超えた者はゾンビ化しないので、人間として生き残った学校の先生たちは決死の脱出を試みる…というお話で、製作総指揮も兼ねているイライジャ・ウッドが代替教員の主人公を演じています。
可愛らしい児童がゾンビ化!-というワンアイディアを映像化したもので、小学校内での追いかけっこ&サバイバルもシュールな光景を現出していますし、曲者揃いの教官たちや主人公が書いているホラー小説へのツッコミでは笑わせてくれます。
大人を餌食にする子供たちの描写に「ザ・チャイルド」も連想させる異色ゾンビホラーで、終盤に登場する“ハタチ”と言う名の日本人キャラで判るように“のり”はアメリカでそのまま意味が通じる様ですよ~


ねたばれ?
1、劇中で“ここはイリノイ州だから人類の誕生については、進化論と聖書の両方の説を教えなければならないのよ“-と言っていますが、アメリカの中でもオハイオ州、アラバマ州、ジョージア州では、学校で教師は「進化論」に疑問を呈することを許すという法律を提案していますし、アリゾナ州、アラバマ州、イリノイ州、ニューメキシコ州、テキサス州、ネブラスカ州も進化論に懐疑的な教育を推奨しています。
2、街の映画館に、イラン初の吸血鬼映画である「ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女」のポスターが貼ってありますが、これは本映画と同じくイライジャ・ウッドが製作総指揮を務めているからです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ