ここから本文です

ダイナマイト・ファミリー (2014)

A DYNAMITE FAMILY

監督
チョン・ヒョンジュン
  • みたいムービー 8
  • みたログ 66

3.18 / 評価:50件

彼のファンでも決しておススメ出来ない。

  • illbeback1229 さん
  • 2016年1月10日 8時22分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

 これも「あの人が出演してなければ日本での上映は無かった。」シリーズに入る作品で、あの人とは今回は2PMのチャンソン。彼が出てなければ日本上陸は絶対に無かっただろうけど…今作は彼が出演していても映画館での上映はやめて欲しかった。
 韓国映画が大好きな自分でもチャンソンのファンには申し訳ないけどとんでもないほど面白くなかった。予告編を観た人達はこの作品のジャンルがコメディだと誰もが思った筈だ。
 映画が始まると兄弟達が笑いを誘いながら仲の悪さを強調するけど、その笑いがあまりにもくだらなくて逆に憤ってしまった。まるで他の作品から盗んできた笑いネタを並べただけで、映画を年に数本しか観ない人にはまだ通用するかもしれないけど自分はあまりにも笑いネタがベタすぎて引きつってしまった。
 そこに、この笑いネタが終始続くと思ったら…内容を簡潔に言うと仲の悪い兄弟が失踪した両親を捜すストーリーを画いているが、チャンソンが好きで観に来たファンが何とかというか無理して笑ってたように聞こえたけど(彼のファンでなかったら絶対笑ってないだろう。)、それが後半になってピタッと止まってしまった。 
 それは何故かというと後半はコメディではなく一転してシリアスで低次元な殺人サスペンスものに変貌しているのだ。
 その犯人もこいつと見せかけて多分こいつだろうという設定が見え見えで自分はすぐ犯人が分かってしまった。その犯人は連続殺人事件にも関与していたが警察でも解決できなかったのに、正直頭がいいとは到底思えない兄弟がいとも簡単に解決してしまうのも納得がいかないし、連続殺人犯もよく今まで捕まらなかったなと思う程間抜けだ。
 そこにどうみても笑かすところではないところに、強引に笑いに持ってくし、ダメ押しは犯人を捕まえるところでどう聞いても場違いな「戦隊もの」の歌を流しているのだ。それは韓国版「ガッチャマン」である「イーグル5兄弟」の主題歌らしい。(エンドクレジットもその「戦隊もの」の歌が流れる。)
 おいおい、両親が殺されてるのにコメディにしてどうすんだ!もっと真面目に真剣にやれ!と兄弟に怒り大爆発!(演じてる人は監督の言う通りやっているから罪はないけど。)
 サスペンスにするなら始めからちゃんと笑いなんて一つもないくらいシリアスに画け!コメディにしたいなら失踪した両親は殺させないで兄弟が仲良くなった時に戻ってくる設定にしろ!
 不覚にも映画を観る前に買ってしまったパンフレットには「妙な笑いを誘う怪しげで独特なコメディ要素が満載。」とか「ドタバタエピソードとイーグル5兄弟の主題歌との絶妙な調和。」とかが書いてあったけど、どこが満載なのか?どこが主題歌と調和してるのか?是非説明してほしいものだ。
 とにかくこの作品はチャンソンのファンである人にも勧めるのは気がとがめてしまう作品で、パンフレットを買ってしまったのも含めて観に行った事を後悔してしまった。(絶対に韓国ではこの作品は干されていたであろう。)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ