ここから本文です

ヒーローマニア -生活- (2016)

監督
豊島圭介
  • みたいムービー 149
  • みたログ 1,125

2.37 / 評価:960件

典型的な原作改悪作

  • aix***** さん
  • 2020年11月19日 22時27分
  • 閲覧数 180
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず、良かった点から。
・タイトル。原作の『生活』を『ヒーロー・マニア』に変換出来た点は高評価。
・窪田正孝。キョドる様子からアクションまで、実に良く演じていた。上手い。
・片岡鶴太郎。初対面時の顔芸以外は原作イメージ通り。いいキャスティング。
・山崎静代。まず、あの役のオファーを良く受けた。そして良く演じた。
・ストーリー中盤まで。法人化後の変容辺りまでは、まぁ悪くなかった。

続いて、悪かった点を。
・東出昌大。完全なミスキャスト。拗らせた役が似合わないし、上手くない。
・船越英一郎に課した演技。あの口調やダンスは何?監督の抱く悪党像が余りに薄っぺらい。
・法人化の経緯。ホームレスを仲間に入れる際の「ワタシが保証する」じゃ無理があり過ぎる。原作の「法人化に伴う、前歴を問わぬ求人にホームレスが応募して採用。その後メキメキ頭角を」なら、まだ判るのだが。
・パワー系狂女がJK秘書の「スケバン刑事」的な攻撃で倒せるか?無理だろ。
・オジサンを死なせる必要はなかった。最後に幽霊?妄想?で登場、からの娘が遺品で継承の展開も余りに陳腐。

個人的には、この展開が非常に嫌で評価を大きく下げた。

正直、星一つでもいいのだが、窪田正孝と片岡鶴太郎、山崎静代の起用でオマケの一つ追加。

オススメは出来ない。
窪田正孝目当てでPV的に見るなら、まぁ。

あ。小松菜奈は可愛かったですよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ