ここから本文です

BLAME! (2017)

監督
瀬下寛之
  • みたいムービー 79
  • みたログ 729

3.53 / 評価:581件

原作のハードボイルド消失

  • cho***** さん
  • 2017年5月31日 12時20分
  • 閲覧数 1360
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

映像は素晴らしく、人物表現、動き、陰影、とても緻密な表現で音楽もよい。
しかし、ストーリーが原作より、アニキャラ風の少女に寄りすぎで、シーンも会話数も少女寄りすぎ。ハードボイルドさが消失。いわゆる、今のゲームキャラ的。
原作本を全巻持っているが、こうゆう仕上がりになるとは、、、
途中であきたが最後まで我慢しながら見た。エンドロールはさすがに途中退席。
しかし、ほとんどの観客はエンドロールの途中退席ないことに驚きました。
この原作を映画1本にまとめるのはむずかしいので、二瓶さんの「バイオメガ」の方が映画化しやすかったのでは? 
期待していたのに残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ