ここから本文です

リップヴァンウィンクルの花嫁 (2016)

監督
岩井俊二
  • みたいムービー 681
  • みたログ 3,744

3.82 / 評価:3041件

華ちゃんもですが 綾野剛よかったです

  • yuk******** さん
  • 2019年3月27日 14時43分
  • 閲覧数 3102
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

リリイシュシュのすべてで気分が悪くなったので
口直し?に癒し系を求めてレンタル
反動でちょっと☆甘いかな…

序盤は…あれれ、、またもや失敗?と思いかけたのですが
黒木華ちゃんの癒しのある明るさに救われたり と気が付いたら引き込まれていました
リリイシュシュやネットの世界か…
世の中こんなに寂しくなっているのかなあ…
それもまた事実なのでしょうが
最近 私が好きなアーティストさんに関わっているうちに
世の中には深く心を病んでいる人も多くいて
アーティストやアイドルのような人がどれだけ多くの人の孤独や心の傷を癒しているか…と実感しました

誰かと比べて というわけではなく
自分は幸せだな と

リリイシュシュでは周囲の人を傷つけながら生きる人たち
今回は自分を傷つけながら生きる人たち
がたくさん出てきた気がします

今回は最後に この両極端な世界から抜け出し
バランスを取り戻す兆しが見えたようで救われました
私的には お口直し成功…でしょうか

どちらの話も極端で非現実的な要素だらけですが
事実は小説よりも奇なり
形を変え もしかしたら全く同じ形で現実にも起こっているのかもしれません

どちらにも共感できなかったけれど
どちらも理解不能ではなかった
そして
どちらも切なかった

人は一人では無力でちっぽけで弱い
だから醜くもあり愛おしくもある
こんな切ないことが起こらないといいな

私の周囲には幸せがいっぱいです
もちろん悲しみや孤独は決してなくなりませんが…

黒木華ちゃんは期待通りの◎
久々に綾野くんも◎魅力的でした
綾野くん、、その他はともかく 自殺現場での言動にはぞっとしましたが
終盤は一緒に泣いてしまいました

リリイシュシュと違って役者さんの年齢の影響もあるのでしょうが
子供時代ってなんだか純粋な分残酷さも純粋?で刺さるな…と

少子化ですし
身近にいる若者に心を配れるくらいの余裕を持ちたいな‥としみじみ
でも 子供の近くにいる大人を癒せれば その隣の子供も癒されるのかな
etc

久々に岩井監督の透明感のある映像と美術を懐かしく楽しめる作品でした

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ