2016年4月29日公開

スキャナー 記憶のカケラをよむ男

1092016年4月29日公開
スキャナー 記憶のカケラをよむ男
3.4

/ 927

22%
29%
27%
12%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(219件)


  • シンハ

    4.0

    才能は自分の為に使うのではなく他人の為に

    雪絵がピアノレッスンに気乗りしない亜美に、「あなたには才能がある。才能は自分のためじゃない、他人のためにあるのよ」と励ますシーンを思念スキャンで感じ取った千石が、同じように雪絵に励まされる。 おそらく映画のサブテーマであろう「才能は自分のためじゃない、他人のためにあるのよ」の言葉に感銘を受けました。 感銘を受けた私も早速、是非とも天賦の才を他人の為に生かしたいと決意したのだが、私の秀でた引きこもりの、このスペックをどのように生かしたものか?と悩む、今日この頃。・・・・・このまま他人に迷惑かけないように、ずっと家に居よ~っと!

  • lmd********

    5.0

    個人的には好き

    個人的にはスキャナーという設定・ストーリーは好きですね。 一番の欠点は配役ですかね。 やはり、野村萬斎さんと宮迫 博之さんの演技力が違いすぎます。 宮迫 博之さんの演技力が低すぎるのが目立ってしまします。 この二人は『コンビ』という配役なのですから、もっと考えて配役すべきだったとおもいます。 宮迫 博之さんがいなければ、もっといい映画になっていたでしょう。 あと、改善点をあげるとすれば、 犯人を女装した高身長&肩幅のある警察官にするなら、最初の誘拐シーンで女装した彼を写してしまっているのは大失敗です。 見ただけで、犯人は女装した肩幅のある男性だとわかってしまい、その後の展開が滑稽になってしまします。 犯人である女装した男性は最後まで写さないか、 一番いいのは犯人を女性にすることだったとおもいます。(いるのは兄ではなく姉にして、男刑事ではなく女性刑事にかえるということ)

  • cce********

    2.0

    つまらない

    野村萬斎が好きで見てみたいと思い鑑賞したが、見なくて良かったし宮迫との掛け離れた感じの相性、ストーリーも??

  • delu

    3.0

    評価3,5

    2019.1

  • gor********

    3.0

    シリーズ化してもいいかも

    ナイスなコンビだった。 高畑淳子がでてるけど、シリーズ化されてもいいかも。 面白かった。

  • cherry

    3.0

    ネタバレ少し残念

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • huf********

    3.0

    ネタバレ野村萬斎の現代劇

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kam********

    4.0

    鳥肌たった!

    超能力を持つお笑い芸人(休業中)のセンゴクが、相方丸山と連続殺人事件の謎を解き明かしていくサスペンス+ちょっとコメディ。 安田章大くん目当てで観たけど大満足だった(^^) 野村萬斎のわざとらしい演技も超能力を持つ人だし、個性としてすんなり面白く観られた。 犯人が判った瞬間は鳥肌立ったし、犯人の演技が狂気に満ち満ちていて役者として幅広いので、もっとたくさん映画に出て活躍してほしい。 あの、胸ポケットのハンカチはいつ入れたのかな?と若干モヤモヤ(笑) 2017.11.19鑑賞

  • bon********

    3.0

    ネタバレ萬斎さんじゃなくてもいい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yam********

    2.0

    ネタバレ細かい所が気になるのが僕の悪い癖

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gru********

    2.0

    特に良くも悪くもない娯楽映画です。

    最初、サスペンスなのかなと思って見始めたら、途中からホラー映画みたいになって、最後はやっぱりサスペンスに戻って、最終的に、良い話みたいになって終わりました。特に心に残るでもなく、特に面白いわけでもなく、特にハラハラするでもなく、まあ、ダメな作品では無いですが、特に良くもない・・と言う感じです。私個人的には野村萬斎さんが好きなので、萬斎さんの魅力はよく出ていたので、そこは評価したいと思います。最後の方、陰陽師みたいだったけど。(笑)あと、出演されてる方々も演技力のある方ばかりで、そこも良かったです。

  • fg9********

    2.0

    本作とはなんも関係のないテーマ

     …洋画でよく見るようなタイトルだが、邦画だった。  …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでいいいだろう。  『残留思念を読み取ることができる仙石和彦(野村萬斎)は、かつてその能力を生かしてお笑いコンビ「マイティーズ」で注目を浴びたが、能力を消耗してしまいコンビを解散、世間から隠れるように暮らしていた。  そんな折、元相方マイティ丸山(宮迫博之)の所属事務所を訪れた女子高生・亜美(杉咲花)が行方不明者(ピアノの先生・雪絵[木村文乃])の捜索を依頼したことから、仙石と丸山は10年ぶりに再会するが……。』  丸山と亜美の捜査依頼を固辞した仙石だったが、亜美の忘れていった爪やすりを手にしたとたん、亜美のピアノの先生・雪絵の恐怖に慄いた残留思念が読み取れたので、捜査に踏み出すのだった。  今更、残留思念とか言われても、あんまり斬新さは感じられないなぁ。  また、野村萬斎と宮迫博之のコンビもなんかチグハグ感を覚えてしまったなぁ。  中盤あたりから存在感のない若手刑事が頻繁に登場するので、この青年は誰?といった感じで調べてみると、関ジャニ∞とかいうアイドルグループの安田章大という青年らしい。  で、結末で真犯人が明らかにされるが、その復讐の動機も驚くほど幼稚(的外れ)なもので、態々長い黒髪に白いワンピースを纏って殺人を犯す、その真意が皆目解からんかった。  回想シーンもクドイほどに映し出されたが、それを演じる少年少女の演技もあんまり魅かれるものはなかったなぁ。  で、「才能は自分のためにあるんじゃない。人のためにある。」と何度も言われても、本作とはなんも関係のないテーマのように感じられたな。  WOW〇〇ドラマの木村文乃の「殺人分析班」が好きでよく見ていたが、本作での木村文乃も綺麗だったので☆一つプラスした。

  • yuk********

    3.0

    ネタバレ作品のカラーがわかりずらい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gyu********

    3.0

    野村萬斎の

    演技が好きな人はいいかも。 演出なのか演技なのかやっぱり野村萬斎は野村萬斎に見える。 ストーリーは面白かったが子供の描いた絵が 無駄に気持ち悪い。狙いすぎ感が否めない。

  • mut********

    3.0

    2時間ドラマでいい

    野村さんと宮迫さんの演技がくどくて前半脱落しそうになりましたが全体的にはそこそこ楽しめました でも、映画館でお金出して観るほどではないかな

  • ang********

    2.0

    え、何故にこんなに評価が高い・・

    WOWOWにて視聴。いやもう、何故にこんなに評価点数平均が高いのか不思議です。 「高得点ソート」をして六名様を見てみる。 うち三名様が、評価作品数が1~3(基本的に信用しない) が、三名様は二桁、三桁の作品評価数。 ・・と言う事は、「この映画を絶賛する方」も多いのでしょうねえ。 私から見ると ・主役以外の俳優は、素人感が凄まじい。 ・特に若い女性役の女優が、軒並み学芸会臭 ・脚本も、陳腐であり、本筋の所はこじつけ感が全開 ・警察探偵物としては稚拙、人間ドラマとまでも行かない ・特に出演している俳優に思い入れは無い などなどで、大甘でも★2がせいぜいです。 まあ、途中で見るのを辞めようとまでは思わなかったので★1にはしませんが、 物凄~~く暇な時に、たまたまテレビで放映していたら見るレベルだと思うのですがねえ。 どの映画も、賛否両論の意見が有って当然、それは完全に理解しますが、 この映画を絶賛するご意見、読んでも理解出来なかったなあ。

  • yio********

    2.0

    ネタバレ親を怨め!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • agu********

    3.0

    お前何歳だ?18歳です

    ってシーンで引っかかって、秋山亜美役の杉咲花を調べてみたらホントに18,9だった どうみても子役にしか見えないし多くみても中二ぐらいだと思ってた 18歳の役なら普通に18に見える人物をキャスティングすべきだった そこがこの作品の一番のツッコミどころであり、一番の衝撃だった

  • ヤマダ

    3.0

    「適当に謝るんじゃねえ!」

    「適当に謝るんじゃねえ!」 「◯◯、お前何やってんだ?」 の二つのセリフは、個人的にツボでしたw こういう特殊能力ものは、メリットだけでなく逆にデメリットも描けないとただのご都合主義になってしまうわけでそういう意味では上手にハードルをクリアしてたと思う。 その点で、なるほど!と思わせる展開もあり浪花節ながらなかなか面白く観れました。 勝手な想像だけど脚本に気を使うあまり金子監督が、もっとそぎ落としたいところを遠慮した感じがした。 特に宮迫とお笑いの下りはいらなかったかな。 続編あったら見たいです、wowowならw

  • yok********

    1.0

    私の残念思念。

    古沢良太脚本への期待値が高すぎました。 最初は、探偵はバーにいるを思わせるバディものっぽくて、この2人のコンビがどんな風に展開するのかなぁと 楽しみだったのですが。。 まず、野村萬斎さんの演技が微妙で、オリエント急行のポアロにしか見えず。 キャラの一貫性もないし。 片やしゃべりの苦手な能力者、片やしゃべりが得意なコメディアン。という組み合わせでしたが、宮迫がしゃべり で乗り切って打開していくシーンもなく、2人の相乗効果が全然ありません。 加えて、ミステリーとしての質が、なんというか低くて。。 この展開で映画かいっ。2時間ドラマでよかったんじゃないかと。。。 全力でハートウォーミングになるように仕上げ、最後の最後はミステリーでもなく、コメディでもなく、やたら 綺麗な音楽でしっとり終わらせちゃって、迷走っぷりも甚だしい。 監督に脚本にキャストに、必然的に期待度高くなると思うのですが、残念です。

1 ページ/11 ページ中