ここから本文です

スキャナー 記憶のカケラをよむ男 (2015)

監督
金子修介
  • みたいムービー 168
  • みたログ 1,098

3.40 / 評価:927件

野村萬斎の現代劇

  • ふしゅ さん
  • 2017年11月28日 10時25分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

萬斎を好きで観ました。
ストーリーは、厭世的な主人公が友人経由で持ち込まれた女子高生の依頼を受けざるを得なくなってしぶしぶ動いたら人の温かさに触れた、というようなもの。

野村萬斎と宮迫の漫才シーンが見られるという部分も興味深かったのですが、いかんせん狂言師。社会的引きこもりのわりに発声が腹からだったり、台詞回しに独特の抑揚があったり、動く姿に芯があったりで、とてもチグハグ。良くも悪くも、萬斎の現代劇だなあと感じます。テレビのスペシャルドラマのような雰囲気。

道路に手をついて「あちっ」というシーンはアドリブ(実際すごく熱かった)だそうで、あとでそれを知って笑いました。

自宅のこたつでみかんや餅を食べつつ、なんとなく眺めるにはいいかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ