ここから本文です

マネー・ショート 華麗なる大逆転 (2015)

THE BIG SHORT

監督
アダム・マッケイ
  • みたいムービー 781
  • みたログ 3,682

3.29 / 評価:2745件

観られる方へ!ウキペディアだけでも!

  • gre******** さん
  • 2016年3月5日 13時08分
  • 閲覧数 4589
  • 役立ち度 37
    • 総合評価
    • ★★★★★

役者人が揃っているので豪華、でも内容が難しいそう...で行こうかどうか悩んでいる方が多いと思います。
私もサブプライム問題が何であるか、少し知識があったので大丈夫かな?と思っていましたが、金融?証券などの仕組み?流れが少しでも分かっていれば、さらにGOODな映画でした。

しかし、この複雑な内容を面白く砕いて、有名人を使いドキュメンタリー風、時には人間ドラマ風、フィクション風と変えて見せる所は、2時間以上を飽きさせずにまとめています。
役者人もビッグスターの気配をすべて殺して、役に徹している所は大評価!

日本でのこの映画のウケについてですが、正直言って難しいと思います。日本にも大きな影響を起こした問題ですが、アメリカではこの問題に実際に直面した被害者を含め、少しでも関係した人が大半数、連日の新聞やテレビ(メディア)での取り上げられ方が何年も続き、内容を知らない人が居ない状態です。日本に居る私は銀行からお金がおろせない危機感や自分の家のローンがどうなっているかなんて心配は無かったものでしたので。

他のレビューで「わからん」と最初から投げている方や、きっと証券などに精通している方がきちんと描かれてなくて「最低」とコメントされていますが、(中には【ネタバレ】って書いてないから読んだら内容バラしてるやんっ...て方もいましたが(笑))
そこまで証券や金融に長けてなくても良いと思います。娯楽性(ハラハラ、ドキドキ)も十分あります。正義もブローカー達の苦悩も描写されています。

実際に私は非常に楽しめたし、高評価です。

行かれる方はウキペディアレベルでいいので、サブプライム問題、リーマンショック、空売りだけでも読まれておくと良いと思います。

興味がある方はマイケルムーア監督がドキュメンタリーで出している「キャピタリズム」という映画をみると非常に分かり易いです。
アメリカがどういう風にこの住宅ローンを売っていたのかドキュメントされています。
︎良作品(^-^)

映画の中の被害者は私を含め一般市民(庶民)です。商品イメージでこれは良さそうと思い込み、よく用途が分からない税を払い、難しいカラクリで金融プロに転がされている今日、庶民は少しでも知識をつけることで回避するべきだと考えさせられる映画でした!

面白かったです!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ