ここから本文です

マネー・ショート 華麗なる大逆転 (2015)

THE BIG SHORT

監督
アダム・マッケイ
  • みたいムービー 783
  • みたログ 3,700

3.29 / 評価:2759件

監督最新作『バイス』 公開記念レビュー

  • 一人旅 さん
  • 2019年3月24日 15時47分
  • 閲覧数 864
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

アダム・マッケイ監督作。

サブプライム住宅ローン危機の到来をいち早く予見し巨額の利益を上げた投資家の実話を描いた社会派ドラマ。

『マネー・ボール』、『しあわせの隠れ場所』の原作者でもある米国人作家:マイケル・ルイスによる2010年発表のノンフィクション「The Big Short(世紀の空売り)」を、2019年4月に監督最新作『バイス』の日本公開が控えているコメディ畑出身:アダム・マッケイが映画化した“社会派実録ドラマ”の力作。

2008年9月に世界を揺るがした「リーマン・ショック」。その引き金となったアメリカの住宅バブルの崩壊をいち早く予見し、無数の人々が職や財産を失う中で巨額の利益を上げた実在の投資家:マイケル・バーリの実話を描いたもので、主演のクリスチャン・ベイルを始め、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピットらスター級の実力派が勢揃いしています。

MBS(モーゲージ債)、CDO(債務担保証券)、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)など聞き慣れない金融用語が飛び交う社会派映画ですが、本物の経済学者や女優のマーゴット・ロビー、歌手のセレーナ・ゴメスが本人役で登場し、小難しい金融用語を例え話でかみ砕いて解説してくれるという金融初心者にも優しい設計になっています。そして、実体なき“マネーゲーム”の過熱が投資銀行やファンド等の金融業界のみならず、世界中の人々の人生をも一遍に破滅させてしまう危うさと、その一方で投機的に正しく資金を注入することで巨万の富を手に入れる少数の勝ち組の存在が対比的に浮かび上がってきます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ