ここから本文です

マネー・ショート 華麗なる大逆転 (2015)

THE BIG SHORT

監督
アダム・マッケイ
  • みたいムービー 784
  • みたログ 3,701

3.29 / 評価:2759件

邦題の華麗なる大逆転、そんなものはない

  • arc******** さん
  • 2016年3月4日 21時41分
  • 閲覧数 1337
  • 役立ち度 30
    • 総合評価
    • ★★★★★

金融にはあまり詳しくありませんが元々原作を読んでいたので話が入ってきやすかったです。
かなーり詳しくない人にもわかりやすいような演出がなされていますが、見る前の人は予習をしたほうがいいと思います。

それにしても見る前から思っていましたが、タイトルの通り「マネーショート?なんだそれ!華麗なる大逆転?そんなもんどこにあるんだよ!」と怒り心頭で見ましたが本当にそうなんです。原題はThe Big Short、小説の邦題は世紀の空売りなので、そのままでよかったんじゃないかな。
とにかくこのお話に勝者なんていないんです。

クリスチャン・ベールのファンなので彼の演技が楽しみで、主人公なのに助演男優賞なのはなぜだろうと思っていたのですが、見てみて納得。みんなに平等に出番が与えられています。群像劇と言っていいのかわかりませんが。
クリスチャンはお話の中でかなり孤独な役回りです。他のキャラクターとほとんど絡まないですし、一人のオフィスの中で彼の物語は進みます。(ちなみにあのドラムは二週間練習したそうです。)
今回良いなぁと思ったのはスティーブ・カレルですね。彼の苦悩が画面越しに伝わってくるような演技がとてもよかった。
ライアンゴズリングはもう本当に嫌なやつ、ちゃっかりしたやつを好演しています笑。とにかく胡散臭い!

あと触れておきたいのは脇役ながら美味しい役どころをまたもや得ているブラッドピット。彼が協力している二人の若者がいるのですが、彼らがベガスのカジノで浮かれて変なダンスを踊っているなか、ブラッドピットは厳しい姿勢で言います。
自分たちが得をするということは、すなわち庶民の人々が仕事や家や年金を失うんだ。ということです。
誰かが得をしたら誰かが損をするのは当たり前。
金融業界ではそんな「倫理」が醜く捻れて捻れて結果的にビッグバンを起こしてしまった。
一番恐ろしいのはこの資本主義社会の凄惨な話が他人事ではないということですよね。人々が一つ一つのファクターの名前を変えただけ、応急処置をしただけで、また歴史を繰り返そうとするのは業というやつなんでしょうか。
膨れ上がっていく経済の怖さをひしひしと感じるような物悲しい映画でした…

そんな悲しい物語を引き締めるような存在もあります。今度Suicide Squadでハーレイクインを演じるマーゴットロビーや、ポップシンガーのセレーナゴメスが(つまり若いお姉さんたちが)人々にとっては分かりにくいようなことを簡単に教えてくれたり。
あと自分にとっては音楽のチョイスがとにかく最高で良かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ