ここから本文です

マネー・ショート 華麗なる大逆転 (2015)

THE BIG SHORT

監督
アダム・マッケイ
  • みたいムービー 783
  • みたログ 3,698

3.29 / 評価:2758件

他にノミネートする作品があるだろうに…

  • illbeback1229 さん
  • 2016年3月4日 22時17分
  • 閲覧数 3379
  • 役立ち度 23
    • 総合評価
    • ★★★★★

 この作品を観るなら絶対金融用語や株式の仕組みを徹底して勉強してから行くことを強く勧めたい。そうしないと始めから置いてけぼりをくってしまうこと必至な作品だからだ。
 特に株の事をあまり分からない人達が観たら(自分も含めて)途中から訳が分からなくなってしまう。そうなってしまうと後、待っているのは観ることに対する苦痛と早く終わって欲しいと願う気持ちしか残らない。
 逆にいえば株の仕組みを熟知している人が観たら絶賛されるかもしれない。
 株の事をあまりしらない自分からしても分かった事は、借り手の年収もなにも調べないで殆ど無審査で住宅ローンなんか組んで、そんなものを証券化してしまったらいつか焦げ付くのは当たり前なのにそれに気づかない銀行家や証券会社のトップがこの作品に限って言えば凄い大バカに見えた。
 また、とても残念だったのは予告編を観ると主役級の4人(クリスチャン・ベイル、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット)のトレーダーがお互い手を組んでリーマンショックでみんなが損するなか、どうやって大きな利益を得るのかを画いたものと思っていたら…この4人が集まるところは一切無く、スティーヴ・カレルとライアン・ゴズリングが何回か接するだけであとは単独状態。
 特にクリスチャン・ベイルなんて殆ど事務所にこもって待っているだけという何ともお粗末な状態に少し騙された感じはしたし、それを差し引いても面白かったと思うところも皆無だった。
 なんでこんな作品がアカデミー作品賞にノミネートされたのかが全く理解出来ない。
 こんなダメ作品よりスタローンの「クリード」の方が絶対にノミネートされるべきだし本当に理解に苦しむ。
 ノミネートに関わった人達は全く以って腑抜けだ。
 こんなことしてるとリーマンショックならぬアカデミーショックが起きて映画界も破綻してしまうぞ。
 とにもかくにも株式市場の事を良く知らない人が観たら苦痛しか感じないので、行くなら株式の事や専門用語を学んでから行くか、または観に行かない事を強く推奨したい。
 物語の途中で流れた徳永英明の「最後の言い訳」のサビそのまんまの作品だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ