ここから本文です

マネー・ショート 華麗なる大逆転 (2015)

THE BIG SHORT

監督
アダム・マッケイ
  • みたいムービー 783
  • みたログ 3,698

3.29 / 評価:2758件

CDS取引等、特に分かりづらい点を解説

  • mid******** さん
  • 2016年3月5日 6時21分
  • 閲覧数 2918
  • 役立ち度 33
    • 総合評価
    • ★★★★★

少々ネタバレあり。

この映画は、ある程度の知識があったほうが、より面白いと感じるはずだ。

<参考>
「映画『マネー・ショート』を楽しむための基礎知識シリーズ」
・「初心者編」
sharescafe.net/47982665-20160303.html
・「初~中級編」
sharescafe.net/48001631-20160305.html
・「上級編」
sharescafe.net/48017465-20160307.html
・「サブプライムローン編」
sharescafe.net/47953593-20160229.html

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

以下、ネタバレあり。

映画の中でのCDSの取引について、分かりにくい部分があった人のために、ちょっと解説しましょう。

そもそもCDSの売買やCDSの金額が意味するのがどういうことなのか、ここが釈然としない人は多いと思います。

映画では、まず、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピット(以下、「彼ら」)と銀行や保険会社(以下、「銀行」)の間で、
・ 「銀行」による「CDSの売り」
  賭けの対象となるMBSやCDOに損失が出た場合に、損失に見合う金額を支払う義務を負う。
・ 「彼ら」による「CDSの買い」
  賭けの対象となるMBSやCDOに損失が出た場合に、損失に見合う金額を受取る権利を持つ。
というCDSの相対契約が結ばれます。

「買う」側の「彼ら」が「プレミアム」と呼ばれる金額を支払い、「売る」側の「銀行」がプレミアムを受取ります。このプレミアムは、損失時に発生する支払い義務に対する見返りです。

「買う」と賭けの対象に対して「ショート(売り)」、「売る」と賭けの対象に対して「ロング(買い)」となるのが、CDSの特徴です。

当時のCDSは、MBSのような比較的標準化されて市場で頻繁に取引される金融商品ではなく、契約当事者たちの相対取引でしか結ばれない特殊な金融取引でした。相対取引なので、プレミアムの値段は当事者間の合意で決まります。

ベイルの場合はおそらくBBB以下の低格付のMBS(即ち、A以上の高格付に比べデフォルトしやすいと評価される)の損失に賭けたので、年間のプレミアムは「想定元本」の10~20分の1と高額でした。(デフォルト=債務履行不能となること)

一方、デフォルトし難いと想定されたA~AA格付のCDOトランシェを賭けの対象としたCDSを買ったブラピの場合は、「想定元本」の200分の1程度のプレミアムを払うことで賭けが成立しました。

「想定元本」とは、映画の中で「X億ドルのCDS」と言う場合の「X億ドル」です。大雑把に言えば、「彼ら」は、当たったら「X億ドル」もらえる大穴馬券を、馬券代金であるプレミアムを定期的に支払うことで、買っていたわけです。

次に、映画の終盤で利益を確定するために、「彼」が「CDSを売る」と言っていた場面についてです。

ここでの「CDSを売る」というのは、最初の「CDSの売り」とは異なります。この「CDSを売る」は、「「彼ら」が持つ「CDSの買い」の権利を、他の投資家や「CDSの売り」の義務を負う「銀行」に売る」ことを意味していたのです。
(「銀行」が買えば、権利と義務が相殺されます。)

このあたり、一般の方には特に分かりづらいかもしれません。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

終盤の少し手前で、(高い格付の)MBSの価格上昇とCDSの保証金の増額が同時進行していた場面も理解が難しいかもしれません。これは、当時の状況を考えればそれほどおかしなことではないのです。

住宅ローンのデフォルトが増えると、まず比較的低い格付のMBSが毀損します。そうすると、それまでそのあたりに投資していた投資家がそのゾーンから資金を引き揚げ、そのぶん高い格付の債券に殺到するので、人気の高格付ゾーンでは価格が上昇します。

一方で、CDSを売っていたドイツ銀行が(実は同じく大量にCDSを売っていた)モルガンスタンレーの支払能力が(実際にそうであったように)大きく低下したと評価していた場合、将来のプレミアムの支払を担保するための保証金の増額を求めることは経済合理的です。

以上、思いついた「分かりづらいところ」について解説してみました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 知的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ