2016年3月5日公開

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー

IRIS

802016年3月5日公開
アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー
3.5

/ 130

23%
32%
28%
10%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

大きな丸メガネ、大胆かつ自由なスタイルで知られるファッションアイコン、アイリス・アプフェル。インテリアデザインのビジネスで成功し美術館やホワイトハウスの内装を担当したことがあり、90歳を超えてなお最前線で活躍する。展覧会や老舗百貨店でのディスプレイ企画や、テレビショッピングの裏側に迫り、彼女のファッションやアートへの情熱を映す。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(17件)

楽しい21.3%かっこいい19.1%かわいい19.1%ゴージャス17.0%笑える6.4%

  • まめた

    4.0

    何ごとも突き抜けてしまえばいい

    かなりゴテゴテとアクセサリーも色合いも 渋滞するほどの好みの持ち主。 しかしもともとが建築系のデザイナーだったそうで センスそのものは良い。 全体をうまくまとめ上げる能力があり、 さらにこの年齢、キャラクターで どんな服装だろうが着こなせる 強さがある。 服に負けてない。 どんなことであれ突き抜けてしまえば 一芸になるので 最終的には自分を信じる、 その一言に限るのではないか。

  • hir********

    5.0

    人生には美しいもの、楽しいことが必要だ!

    (1) アイリスは、1921年、ニューヨーク生まれ。彼女は、1950年代からインテリアデザイナーとして活躍。歴代大統領からホワイトハウスの内装を任され、ジャクリーン・ケネディも顧客だった。映画は、94歳の現在も多くの有名デザイナーから尊敬されるアイリスを描く。展覧会、老舗百貨店でのディスプレイ企画、売り切れ続出となるテレビショッピングなどに密着する。彼女は、自由に楽しく生きることと、成功を収める実業家であることを両立させた。 (2) アイリスはニューヨーク大学でアート史を学び、ウィスコンシン大学のアートスクールに入学。卒業後、女性ファッション紙に就職。1948年結婚後、1950年代に夫のカールと家具修復会社を設立。この会社がアンティークのテキスタイルの再現・製造事業で成功する。2005年、メトロポリタン美術館で、アイリスのファッション・コレクションの展覧会が開催され、驚異的な動員数を記録。彼女は「“80歳代の新人”なんて楽しい」と言う。2014年、ドキュメンタリー映画“Iris”公開。2015年、夫カール死去。 2018年自伝“Iris Apfel:Accidental Icon”出版。 (3) アイリスは、世界中を旅し、工芸品やテキスタイル、衣服を買い付けてきた。「昔はカール(夫)と一緒に毎年6月から3カ月間、船で旅行していた。・・・・私が好きな場所は中近東や北アフリカなど、カラフルでエスニックな雰囲気を満喫できるところが好き。私はフリーマーケットフリークだから・・・・パリやヨーロッパのフリーマーケットも大好き。何かを買う時の決め手は、“I love or not love”で物を買うときも一目ぼれ。何でもあれこれ迷うのは大嫌い。ただお金が足りるかしら?と思うことはあるけれど」と語る。アイリスにとって働くことは楽しいこと。「私はいつも何かしていないとダメ。・・・・仕事はつらいこともあるけれど、ハードワークであればあるほど私は楽しくハッピーになれる。私にとってハードワークは全ての良薬。」。 (4) アイリスは言う。「人にはファニー(面白い)な部分が必要。ユーモアのセンスを持ち合わせていない人は、ハッピーな人生を送れないと思う。」「私は美人じゃない。だから美人であることに訴えるのでなく、一生懸命色々、自分の能力を磨き学び、生きてきた。だから年を取りしわが増え、頬の肉が下がっても、それは私の生き方に何の影響も与えない。」 (5) アイリスは、自分を惹きつけるもの、自分がいいと思うものだけを求める。だから高価でなく安いアクセサリーにも興味を示す。彼女は独自のスタイルを貫く。「ルールはないの。あっても破るだけ。」「みんな好きな服を着るべき。」「センスがない人は、センスがなくても、その人が幸せならいい。」 (6) アイリスに子どもはいない。「すべてを手に入れるのは無理だとわかっていたから、子どもは望まなかった」と彼女が語る。夫カールは「退屈知らずのパートナー」と妻アイリスをたたえ、「美しい旅のような人生だった」と振り返った。(カール100歳) 《感想》幸せな気持ちになれる映画だ。「人生には美しいもの、楽しいことが必要だ」と分かる。「好きな服、また気に入ったものを追い求める」というアイリスの生き方が痛快!

  • うーちゃん

    3.0

    素敵な女性

    映画というよりドキュメンタリー。 女性のかっこいい生き方がひしひしと伝わってくる。出てくる服も奇抜ではあるけれど、素敵なものばかり。ハイブランドだけでなく、安価の品物まで混ぜ込んでファッションを作り上げるのが印象的だった。 観ているとワクワクする。

  • とっちりんこ

    3.0

    彼女の記憶力に感服、ボケとは無縁

    彼女の記憶力が凄い。 初めて買い物した11歳の記憶から その時買った物や、自分の想いや、店員さんの名前まで。 一つ一つのアイテムを事細かに言える事が凄い。 歳も歳だし半分くらい売って寄付したり した方がいいんじゃないの〜とかも 思いつつ観ていたが、とにかく物に対する思い入れが深いんで何も言えない、あっぱれな 人だと思った。 夫婦仲良く、毎日退屈せずに生きられるなんて羨ましい限り。

  • mai********

    3.0

    凄いんだけど…

    彼女の自由な生き方。 きっと時代によっては、こんな風に生きられなかっただろうし どれだけ抑圧されていたか、その反動もあるのかもしれない。 今が素敵なのは、彼女がどれだけ悩み苦しみもがいて生きてきたか? その積み重ねの上にあるからなんじゃないかな。 そういう意味で、とっても元気で謳歌しているのは素敵なんだけど でも『持てる側の人』の生き方に過ぎないんだよな… 世界には『持たざる側の人』がどれだけ… 元気なアイリスを手放しで褒め称える事はできない、というのが正直なところです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー

原題
IRIS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日