2016年3月5日公開

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー

IRIS

802016年3月5日公開
アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー
3.5

/ 130

23%
32%
28%
10%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(17件)


  • まめた

    4.0

    何ごとも突き抜けてしまえばいい

    かなりゴテゴテとアクセサリーも色合いも 渋滞するほどの好みの持ち主。 しかしもともとが建築系のデザイナーだったそうで センスそのものは良い。 全体をうまくまとめ上げる能力があり、 さらにこの年齢、キャラクターで どんな服装だろうが着こなせる 強さがある。 服に負けてない。 どんなことであれ突き抜けてしまえば 一芸になるので 最終的には自分を信じる、 その一言に限るのではないか。

  • hir********

    5.0

    人生には美しいもの、楽しいことが必要だ!

    (1) アイリスは、1921年、ニューヨーク生まれ。彼女は、1950年代からインテリアデザイナーとして活躍。歴代大統領からホワイトハウスの内装を任され、ジャクリーン・ケネディも顧客だった。映画は、94歳の現在も多くの有名デザイナーから尊敬されるアイリスを描く。展覧会、老舗百貨店でのディスプレイ企画、売り切れ続出となるテレビショッピングなどに密着する。彼女は、自由に楽しく生きることと、成功を収める実業家であることを両立させた。 (2) アイリスはニューヨーク大学でアート史を学び、ウィスコンシン大学のアートスクールに入学。卒業後、女性ファッション紙に就職。1948年結婚後、1950年代に夫のカールと家具修復会社を設立。この会社がアンティークのテキスタイルの再現・製造事業で成功する。2005年、メトロポリタン美術館で、アイリスのファッション・コレクションの展覧会が開催され、驚異的な動員数を記録。彼女は「“80歳代の新人”なんて楽しい」と言う。2014年、ドキュメンタリー映画“Iris”公開。2015年、夫カール死去。 2018年自伝“Iris Apfel:Accidental Icon”出版。 (3) アイリスは、世界中を旅し、工芸品やテキスタイル、衣服を買い付けてきた。「昔はカール(夫)と一緒に毎年6月から3カ月間、船で旅行していた。・・・・私が好きな場所は中近東や北アフリカなど、カラフルでエスニックな雰囲気を満喫できるところが好き。私はフリーマーケットフリークだから・・・・パリやヨーロッパのフリーマーケットも大好き。何かを買う時の決め手は、“I love or not love”で物を買うときも一目ぼれ。何でもあれこれ迷うのは大嫌い。ただお金が足りるかしら?と思うことはあるけれど」と語る。アイリスにとって働くことは楽しいこと。「私はいつも何かしていないとダメ。・・・・仕事はつらいこともあるけれど、ハードワークであればあるほど私は楽しくハッピーになれる。私にとってハードワークは全ての良薬。」。 (4) アイリスは言う。「人にはファニー(面白い)な部分が必要。ユーモアのセンスを持ち合わせていない人は、ハッピーな人生を送れないと思う。」「私は美人じゃない。だから美人であることに訴えるのでなく、一生懸命色々、自分の能力を磨き学び、生きてきた。だから年を取りしわが増え、頬の肉が下がっても、それは私の生き方に何の影響も与えない。」 (5) アイリスは、自分を惹きつけるもの、自分がいいと思うものだけを求める。だから高価でなく安いアクセサリーにも興味を示す。彼女は独自のスタイルを貫く。「ルールはないの。あっても破るだけ。」「みんな好きな服を着るべき。」「センスがない人は、センスがなくても、その人が幸せならいい。」 (6) アイリスに子どもはいない。「すべてを手に入れるのは無理だとわかっていたから、子どもは望まなかった」と彼女が語る。夫カールは「退屈知らずのパートナー」と妻アイリスをたたえ、「美しい旅のような人生だった」と振り返った。(カール100歳) 《感想》幸せな気持ちになれる映画だ。「人生には美しいもの、楽しいことが必要だ」と分かる。「好きな服、また気に入ったものを追い求める」というアイリスの生き方が痛快!

  • うーちゃん

    3.0

    素敵な女性

    映画というよりドキュメンタリー。 女性のかっこいい生き方がひしひしと伝わってくる。出てくる服も奇抜ではあるけれど、素敵なものばかり。ハイブランドだけでなく、安価の品物まで混ぜ込んでファッションを作り上げるのが印象的だった。 観ているとワクワクする。

  • とっちりんこ

    3.0

    彼女の記憶力に感服、ボケとは無縁

    彼女の記憶力が凄い。 初めて買い物した11歳の記憶から その時買った物や、自分の想いや、店員さんの名前まで。 一つ一つのアイテムを事細かに言える事が凄い。 歳も歳だし半分くらい売って寄付したり した方がいいんじゃないの〜とかも 思いつつ観ていたが、とにかく物に対する思い入れが深いんで何も言えない、あっぱれな 人だと思った。 夫婦仲良く、毎日退屈せずに生きられるなんて羨ましい限り。

  • mai********

    3.0

    凄いんだけど…

    彼女の自由な生き方。 きっと時代によっては、こんな風に生きられなかっただろうし どれだけ抑圧されていたか、その反動もあるのかもしれない。 今が素敵なのは、彼女がどれだけ悩み苦しみもがいて生きてきたか? その積み重ねの上にあるからなんじゃないかな。 そういう意味で、とっても元気で謳歌しているのは素敵なんだけど でも『持てる側の人』の生き方に過ぎないんだよな… 世界には『持たざる側の人』がどれだけ… 元気なアイリスを手放しで褒め称える事はできない、というのが正直なところです。

  • mic********

    3.0

    ネタバレ生きるエネルギーをもらえるかも

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ina********

    4.0

    歳をとっても

    こういう風に年を取れたら素敵です。しかし現実は厳しいよなぁ、、、

  • ume********

    4.0

    こんな年の取り方もあるのね。

    94歳でなお人生と闘っていた、という印象。 こんな素敵な年の取り方、憧れです。 私もまだまだ、守りに入らず、頑張らなきゃ! 真似したい部分もあるけど、真似できない部分・真似したくない部分もたくさんある映画でした。

  • chi********

    5.0

    生きてる偉人

    さすが94年も生きてると感性がさすがだなと思いました。 主張が強いアイテムもうまく組み合わせて 元々そうであったかのようなコーディネートに。 これは長年培ってきた感性からできることなのかもしれなし、生まれ持ったセンスなのかもしれません。 なるほどそう合わせるのかと勉強になりました。 ファッションにルールはない、あったとしても破るだけ、直感に従うのとおっしゃっていましたが ルールや流行に沿っていなくても素晴らしすぎて驚きです。 94歳にして新人という言葉に納得でした。 彼女のような歳のとり方ができたら良いなって思いました。 マンション3部屋分、倉庫と何十年分の洋服や靴やアクセサリーで溢れかえっていますが、どこでいつ買ったかとかをしっかり覚えていらして、吟味して本当に気に入って買ったんだな〜と思いました。 流行りは繰り返しますし、年数が経つとより味が出て素敵に。 場所の確保と掃除ができるのであれば コレクターも良いのかもしれませんね。

  • shu********

    4.0

    多様な価値観

    断捨離なんて言葉が流行ってシンプルを好む人も増えたけど、モノに溢れる楽しみを94年も続けるのは、偉いよ。自分の価値で生きている証拠だな。

  • はちみつロケット

    3.0

    名言が多い

    「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」 名言が多い映画でした。 「私は美人になりたいと思った事がない、顔のかわいさで世の中を渡っている人をたくさんみたけど、年をとったら色あせるけど、私は個性を磨いたから味があるの。」とか。 若い時の写真とかみて十分に美人だと思いましたけどね。 「全ては手に入らないと分かってたから。子供を生む事よりファッションと旅行を選んだ。母が10歳からフルタイムで働きだして私はとてもさびしかったから、どちらかしか選べない、と思った。」とか。 夫がとても彼女のことを愛していて「税金を払うなら彼女にお金を使うよ。」とか「彼女といると素晴らしい旅だったと思うよ」とか子どもみたいな彼女を愛してるなあ、と心温まりした。 ファッションの組み合わせはひらめき、と言ってました。 「パーティーにいくより、パーティーの衣装を選んでいる時が一番ワクワクする」というのもうなづけます。 「ハリーウィストンのダイヤより4ドルのブレスレッドに旨が踊る」と言ってました。 とはいえ、トップブランド、民族衣装、本当にたくさんの洋服とアクセサリーを持ってて、家もアンティークみたいでした。 誰が家を掃除しているんだろう、と不思議に思いました。 名言が気持ちよかったです。鳥みたいな人でした。 このひとのファッションの個展とか日本でもやってほしいなあ。

  • ysm********

    1.0

    ネタバレごちゃごちゃ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ka7********

    2.0

    ネタバレダンシャリ、プリーズ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mai********

    4.0

    かっこいい☆

    ここまで来るのにきっと色々あっただろう… まだ成長し続けている姿がかっこいい!

  • kao********

    5.0

    美人じゃなくてよかった(笑)

    アイリスのコーディネート見てるだけで楽しかった。そして考え方や、人に対する接し方や、人生観みたいなことが興味深く、迷ってることがあるときに見ると頭の中が整理されるような作品。

  • aozora

    5.0

    笑顔が溢れます

    気付くと微笑みながら観てたかもしれません あんな風に年を重ねるって素敵…魅力的な女性に魅入られて、 あっという間にエンディング ネタバレになるので書きませんが、 ハッとさせられる発言が多く、 背筋が伸びる感じ 驚嘆するほどの服飾コレクションは、 まるで断捨離とは真逆とも思いましたが、 彼女には、 全てに誇り、愛着があり、 活用の仕方も心得ていて、 何よりも輝いていたのが印象的でした お互いが愛しくて仕方ないという夫婦の姿がとてもいいと思います いい作品観ました 世代、男女で捉え方は異なるでしょうが、 お勧めしたいです

  • いちご

    5.0

    ネタバレすべての女性、いや男性にも観て欲しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中