ここから本文です

SPY TIME -スパイ・タイム- (2015)

ANACLETO: AGENTE SECRETO/SPY TIME

監督
ハビエル・ルイス・カルデラ
  • みたいムービー 19
  • みたログ 71

3.13 / 評価:48件

スペインのオムレツはまるい。

スパイ映画花盛りはスペインでも!
個人的には最近の「ミッション:インポッシブル」やジェイソン・ボーン1作目より断然気に入りました!普通じゃないんで!

去年の「未体験ゾーンの映画たち」ラインナップにあり気になってたんですがタイミング合わなくて見逃したところWOWOWで見っけ!見たところ大正解!

〜サクッと導入部〜
初老のスパイ”暗号ネーム:アナクレト”が30年前監獄に送った悪党が逃亡した!アナクレトに恨みを持つ悪党、ただでは済まさぬとアナクレトの息子を殺して復讐を遂げようと刺客を送り込む!
父がスパイだと知らされずに育った息子、何やるにしても一歩踏み出せないチキンで今日は彼女にフラれたところ…中国人刺客が自宅に侵入、襲いかかる刺客!なぜか刺客と互角に戦える息子!

こんな感じです。
息子が意外に強いのにはベストキッド的な理由があり、そこから始まる親子の戦い!けどかなりズッコケ調で!

登場人物全員が早口でまくし立てる(言語的な問題)、このリズム感がまず独特な雰囲気作ってます。ゆる〜いギャグシーンでも早口なんで、あんまり感じたことのないビートに腰が浮きます。楽しくて!
で、芸が細かい!ギャグや笑いはかなり小刻みに放り込んでくるし(その一つとして低い打点なし)、さあ行くぞってシーンで何気なく外れてる第2ボタンを留めてこちらの気分も締めてくるし、絵作りも含めて細部まで気配りが行き届いてるんです。
あ、女性と動物と悪党たちがヒドイ目に遭いますが品は保ってます。

今ひとつ伝わらない気がするレビですが、変わりばえしないハリウッド大作に食傷気味ならきっと刺さります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ