ここから本文です

君の名は。 (2016)

YOUR NAME.

監督
新海誠
  • みたいムービー 6,287
  • みたログ 6.7万

4.12 / 評価:59,480件

いい作品ですよ

  • viv***** さん
  • 2016年8月26日 13時04分
  • 閲覧数 365
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

最初に言っておきますがめちゃくちゃネタバレ注意です。

いつかどこかで誰かが新海誠の作品はナルシズムに満ちていると言ってましたけど、正にそういう作品ですね。多分プロットとか原作や脚本書いてるときめちゃくちゃ楽しんでノリノリで書いてたんじゃないですか。

個人的に納得がいかないのは三葉と瀧が入れ替わる意図です。一応の理由付けはされてますけどそれはあくまでも瀧くんの見解としてであって、明確に誰かが何のためにやったっていうのが描かれてませんでした。そしてそれはこの作品の結末をこのようにするのであればとても大事なことだとは思います。
そもそも論ですけど僕は基本的にこういうタイプの歴史改編は好きではないんですというかもっと言えば歴史改編物自体があまり好きではないんです。何でかっていうと整合性が取れてないから、まぁそれはまた別の話ですけど、このお話に関していえばさっき言ったように“誰かが何かの意図”を持って行われたことになってないとただただおこがましいだけだからです。考えとしては三葉の残留思念ってことなんでしょうけど、それだとネタバレしてからの彼女自身の行動が弱いように思います。

このお話は現在の瀧くんと三年前の三葉ちゃんのお話なのでところどころで少し話が噛み合ってないっていう描写を入れておかないとホントは成立しないんです。男と女の違いとか都会と田舎の文化的な違いということではなくて、ホントにサラッとしたような事です、例えば使ってるスマホのアプリの内容がちょっと古くね?みたいな事とかです。このちょっとした行き違いをミスリードで使ってれば後で隕石がどうのこうのとか、村がどうなってたとかに繋げた時に説得力が増すし、その後の行動にもちゃんと繋がるのに勿体ないですね。おっぱいよりずっと大事なことです。

それと根本的な話ですけどこういう結末自体がどうかと思います。もちろん作品は監督のものなのでこういう脚本や結末にすることは構わないですし単に僕はこういうのが好きじゃないってだけの話です。僕はちゃんと村の人たちが亡くなってるっていうところから話を繋げて欲しかったですね。最初に言ったように難の意図もないのにあったことを捻じ曲げるなんてフィクションにしたっておこがましいですから、ホントはそっちのが良かったように思います。

新海監督は多分宮崎駿とおんなじタイプの人間なんでしょうね。処女性の強い若い子が好きなんですきっと。とにかく三葉を可愛く描こうっていう強いこだわりは全編通して感じました。

なんか腐してばかりいるような気がしますが、とは言え全体的にはよく出来た作品です。そんなにいうほど純愛か?みたいな気もしますがこの夏の最後に見るにはいいんではないでしょうか。お勧めです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ