ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

上映中

君の名は。 (2016)

YOUR NAME.

監督
新海誠
  • みたいムービー 6,292
  • みたログ 6.8万

4.12 / 評価:60,706件

解釈

  • bij***** さん
  • 2016年9月1日 19時54分
  • 閲覧数 6804
  • 役立ち度 946
    • 総合評価
    • ★★★★★

・噛み酒を飲む直前の瀧のセリフ「むすび...本当に時間が戻るなら...」
→この「むすび」は組紐などの結びではありません。(要注意)
以前三人でご神体の所へ行った際、祖母が土地の氏神様の名前をムスビと教えています。つまり瀧は神様の名を呼びお願いした上で、あの世とされる神聖な場所で三葉の半分である口噛み酒を飲み、三葉との結びつき強めたのです。入れ替わりの相手が死んでから入れ替わりが起きなくなりますが、氏神様と口噛み酒の効果で相手側の時間を死ぬ前まで巻き戻して入れ替わりを可能にしたものだと思います。
(『口噛み酒トリップ』というタイトルの劇伴曲があります。)

・なぜ瀧が入れ替わりの相手に選ばれたか。
→巫女の舞が終わった後、三葉は「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい」と絶叫します。神様はその言葉通りにしてくれました。該当者の中から瀧が選ばれたのはたまたまなのか、はたまた運命が導いた必然なのかは分かりません。

→→つまり、土地の神様が最初に三葉の願いを叶えて物語が動きだし、終盤に瀧の願い叶えて三葉を含む大勢の人を死ぬ運命から救った、と捉えられます。

・なぜ父親は急に避難に協力したか。
→父親は三葉が時を超えた入れ替わりをしたことに気付きます。それは、過去に自分も同様の入れ替わりをしたことがあるためです。娘に掴みかかられたシーンで「お前は誰だ」と驚いていますが、こんなセリフは入れ替わりを体験したことのある人でないと言えません。祖母いわく宮水家は代々そういうことがあるそうですが、亡くなった母親の入れ替わりの相手はこの父親と推測します。妻が死んだとき父親が「救えなかった」と言っています。医者でもないのに病気で死んだ妻に対して救えなかったと言ったのは、主人公の二人同様、時を超えた入れ替わりの力を駆使し運命を変えようとしていたからです。
 そして最後の町長室でのシーンで、真剣な顔の三葉のその向こうに妻や代々の宮水家が受け継いできたものを見て、妻と死別して以降拒絶してきた宮水家の神秘的な力を受け入れ、娘を信じて町人を避難させます。これには祖母一葉の存在も大きいです。映画の中で祖母と父は絶縁状態にありました。放送から町長選挙のお知らせが流れてくるだけで祖母はコンセントを抜いてしまうくらいです。なのに最後に町長室で二人が一緒にいるのはどういうことでしょう。最初三葉から彗星が落ちて皆死ぬと聞かされた時はすぐには信じなかった祖母も、ここ数日の孫の入れ替わりについてしばらく考え、絶縁状態にあったにもかかわらず、町長である三葉の父を説得しなければと動いたのではないでしょうか。最後に町長室に三葉が入っていく際の父のセリフの「お前までまた」は、その前に祖母一葉とのやりとりがあったことを示唆しています。

・避難訓練
→証拠もなしに皆を避難させるための口実。

・父親が急に神職から政治家になった理由。
→上記の通り、宮水家の神秘的な力をして妻を救うことを試みたが、運命を変えることに失敗し最愛の人は死んだ。そのトラウマから、神秘的なものから決別し、その対極にある現実的で世俗的な政治の道へと進み、政治家として世の中を良くしようとした。

・狭い範囲に隕石が3つも(ご神体・湖・災害)落ちた理由。
→隕石災害自体が3.11の暗喩だから。東北の三陸海岸は地理的・地学的な理由から一定周期で大津波に繰り返し襲われます。作品はそれをなぞった物だと思います。

・日記付けてたらズレに気付くはず。あれほどの災害で高校が無事なのは変。
→ファンタジー補正です(笑)絵がリアルすぎるせいか設定にもリアルさを求めるレビュアーが大勢いるようですね。曜日のズレに気付けなかった三葉(瀧)はご神体の所へ行く休日に制服を着て妹に「なんで制服着とんの」と言われます。

・なぜ「かたわれどき」にお互いが見えたか。
→かたわれどきはこの世のものではないものと遭う時です。お互いが見えたのはお互いが「異なる世界」にいるからです。

・祖母の紐に関する説明はまんま、この物語の根幹です。
三年前に電車の中で会い、三葉から瀧に紐を渡す~時間や生死を超えて瀧から三葉に紐が戻ってくる、この一連の紐の受け渡しが重要な儀式だったのではないでしょうか。(ただの紐じゃなくて「赤い糸」にするあたり新海監督はロマンチストですよね。)

・宮水神社の伝承。
→巫女の舞は1200年前の隕石落下を後世に伝えるものです。三葉の舞が彗星本体、四葉の舞が分離し落下した破片を表現していると考えます。

・髪を切った理由。
→会えばすぐに自分のことを気付いてくれると信じていた相手がなぜか自分のことを知らなかったから。失恋と少し近いと思います。

・瀧が大災害の被災地の地名を覚えていない。
→隕石災害では一瞬で数百人が蒸発し急に消滅しました。震災のように長々と報道が継続しなかったのかもしれません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不思議
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ