2016年3月19日公開

スクール・オブ・ナーシング

1162016年3月19日公開
スクール・オブ・ナーシング
4.2

/ 115

66%
14%
4%
3%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(33件)


  • ffg********

    5.0

    感動的です!

    8回観ましたよ。 脚本が良くて、リアリティーがあり、感情移入して、泣いたり笑ったり、しょんぼりしたり元気になったりとたいぎゃ感動する映画です! 隠れくまモン探したり、知り合いを探したりと、遊びごごろ満載。 人吉、天草の景観も美しい。

  • tak********

    5.0

    人との出会いはやっぱり素敵

    実習という現場で新しく出会う人との学生の葛藤をそのまま表現され、感動させてられた映画だったと思います。今自分はその学生を教える立場にありますが、懐かしくもあり、また学生とどのように関わることが良いのかを考えさせられました。

  • fpd********

    4.0

    佳作です

    看護の教育現場の現実がどのようなものか、すこしは垣間見ることができました。人を”助ける”ことはできないのかもしれない。でも、そのあくなき努力やいつもそばにいること、寄り添おうとし、理解しようとする心が大切なんだと教えてくれます。いい映画です。

  • nts********

    5.0

    ネタバレ観て良かったと思える映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • そうあん

    5.0

    別れた人からの声

    この映画は、 人のつながりや 共にあることを描いている 家庭について、映画やドラマで見るような温かいものは少ないと思う 愛情は理想であって 人間関係は常に利害や争いが伴ってしまう 信頼が裏切られたり 手のひらを返されるような経験もした 主人公も家庭を離れて アラビアで頑張ってきたけれど 最後は家族に挨拶をしたかったのかも知れない 別れた者への郷愁のようなものなんだろうか 高校の時に成績が良い友達がいた 私の家に来て、私は内面を表現するように 独自の単音で自分のピアノ曲を演奏して聴かせた お返しに、彼女はモーツアルトを諳んじて弾いてくれた 私が、野菊やタンポポの魅力を語っても 彼女はバラやカーネイションを好んだ 走るのが早くて、なかなか勝てなかった 何度か喧嘩もしたけれど、なかなか勝てないので喧嘩を止めてしまった 彼女の両親はアラビアに出張中なので、 大きな家に一人で住んでいた 彼女の家に遊びに行くと 独り暮らしなのに、綺麗に整理整頓されて床まで磨いてあった 彼女に何かを与えたかったけど 何も与えられなかった 一方で 何でも欲しがるような 要求ばかりして 依存するだけの友人もいた そんな関係はこちらから願い下げだった ナイチンゲールや修道女には、自己犠牲のイメージが付きまとっている 愛は自己犠牲ではないはず 愛とは 導いたり 共に考え 暮らすこと おーい、元気でいるか 高校の先生が 同窓会でさだまさしの案山子を歌ってくれた まさにこんな歌詞 お墓参りにはあまり行かないけど 先祖の声が聞こえるような時もある なんとなく そんな繋がりの中で何とか生活している リア充とは程遠いのかもしれない 友達だと思っても 相手からは友達ではなかったのかもしれない そうして自分の人生を生きるしかないのだけど きっと希望はあるし 喜びだってあるといいと思う きっと悲しみだけじゃない

  • got********

    5.0

    見てよかった

    大阪で看護関係の友人と見ました。 ゆったりとしたテンポながら飽きず、最後は入り込んでしまいました。おすすめです。 友人いわく、看護関係の演出もリアルなようです。業界の方は特に楽しめるのでは?

  • vam********

    5.0

    価値ある映画

    友人が出演する映画ということで観に行きましたが、予想以上に良い映画でした。熊本県を舞台に、看護師を目指す4人の若者のドラマがテンポよく描かれており、世代を問わず楽しめる映画だと思います。 私は仕事で10年間九州に駐在していたのですが、九州弁も懐かしく、ロケ現場の熊本県人吉市に思いを馳せながら観ていました。 単なるフィクションの物語ではなく、現代の医療現場の現状を少し勉強でき、ついでに何度か涙しました。。。 価値ある映画です。

  • cha********

    4.0

    優しい気持ちになれました

    看護師を目指す学生さんたちの物語で、普段よく見るようなドラマや映画で描かれる病院みたいに、ドラマチックな出来事があったり、決め台詞があったり、刺激的なハラハラドキドキさせるストーリー展開というわけではないのですが、気づいたら映画の世界に引き込まれ、あっという間にエンドロールでした。 シリアスで真面目な映画なのかなと思ってたのですが、笑いもあって、ほのぼのしてて、地元の方達もいい味だしてて、心がほっこりと優しい気持ちになりました。 人の温かさや、人との繋がりや、人と打ち解けること、向き合うこと、自分の気持ちに正直になること、など、改めてゆっくり考えるきっかけになりました。 すごくいい映画だと思うので、たくさんの人に見てもらいたいです。

  • adi********

    5.0

    必見!

    とにかく、人吉の景色が美しい。 是非一度行ってみたいものです。

  • mie********

    5.0

    後味の良い映画

    様々な年齢・体験を持った若者たちが、看護師を目指す物語。「死」までの「生きる」期限が見えているデリケートな時期に、患者様に寄り添うことは難しい。しかしながら、けっして一人では生きていけない我々にとって、先が見えていないだけで日常の他者との関わりも同じなのではないか・・・と、大切なことを全編を通して気づかせてくれる秀作。上映最終日ぎりぎりでの鑑賞でしたが、本作品に出会えて良かったです!

  • crx********

    5.0

    看護師として

    自分の学生時代の実習が懐かしく思いました。 この作品を通して、看護について改めて深く考えることができました。 臨床に出てから忘れかけていたことに気づくことができました。 学生主体の作品ですが、是非多くの看護師さんにも観いただきたいです!

  • kan********

    5.0

    榎木孝明さんの渾身のラスト

    正直最初は普通のテレビドラマのとっかかりにもならないと思いましたが、気がつけば看護学生や患者に感情移入していて、エンディングの幕とともに佐々木詩菜さんの曲が流れてきた時は静かで穏やかな涙が溢れていました。 随所に人吉ののどかな風景がこの物語に大変マッチしていたと思います。 また、人吉キャンペーンボーイのお二人が、イケメンでないと役を果たせないところにセッティングされていて、それもgoodでしたね。 しかし、榎木孝明さん、本当にスゴイ‼️いっきにファンになってしまいました。DVD出たら買おうと思います!

  • dra********

    5.0

    上半期の一番のお気に入り!!

    見た後、色々と考えさせられる一本!! 気付いたら後半ずっと泣いてしまっていた!!笑

  • mod********

    5.0

    おくりびとに近い感動

    じんわりと心に沁みる素晴らしい映画でした。 生と死がつねに同居する病院を舞台にしたヒューマンドラマと言ってしまえば陳腐だが、それを仰々しく描くのではなく、看護師の成長を通じてほんのりと温もりのある温度感で描かれていた事に好感が持てた。 チョイ役の役者の演技に問題はあるが、脚本の良さでそこはあまり気にならなかった。 ある意味おくりびとに近い感動を与えてくれると思う。 生まれてくる時と死ぬ時は自分では記憶出来ない。人の生と死というものは他人によってのみ記憶され認識されるものだ。だからこそ人は他人と関わらないで生きていく事は出来ない。 なるほど。残りの自分の人生をどう生きていこうかちゃんと考えてみたくなる、そんな映画でした。

  • yag********

    4.0

    秀作です。びっくりぽんでした。

    最初の入りかたもわかりやすく面白い、ココちゃんより、脇が最高におもしろい,榎木さんの演技は別物として、人間の生と死をつくずく考えさせる作品。全国の医療、介護関係者は必見です、脚本、監督、素晴らしい。来年のアカデミー賞の作品賞候補は間違いない。

  • wg_********

    5.0

    いい映画です

    あまり私は泣かせようとする映画は好きでないのですが、自然に泣けた映画でした。感動とか悲しいとかとは少し違うのですが、当初抱えていた人物の葛藤が、話を通じて解消されて心が通じ合う、というような感じでしょうか。また、泣けるだけでなく意外と笑いの要素もあり楽しめました。 作品自体は、冒頭部分が少し?、という感じではありますが、全体的にはよく練られていたと思います。流行りモノ(例えばスマホをいじる、など)も演出で使われておらず、内容がとても普遍的に描かれているなと思いました。等身大の看護実習生はこんな感じなのかなぁと知らない人でもよく理解できました。 公開期間があとわずかなのが残念ですが、いろんな方に見てもらいたい映画でした。

  • zkp********

    5.0

    心温まる映画

    役者さんの演技に取り込まれました! 医療系の映画となると少し構えてしまうのですが、どんな人にも分かりやすく親しみやすいストーリーでした。終始涙を流し、感動していました。ぜひ、何か頑張りたいと思っている人や、医療系に進みたい人には見てほしい映画だと思います!

  • kyo********

    5.0

    お勧めの映画!

    基本、泣ける映画は嫌いなのですが、 (泣かせよう泣かせようが見え見えなのが嫌で) これは違います。 素直にボロボロ泣けるくらい感動しました。 泣けるだけじゃなく、面白いです。 私の同級生にも看護婦(当時はそう呼んでいた)になった人もいて、 最初の死に直面して辛すぎて耐えきれず、辞めてしまう子が多いと聞いていたけど、本当に頑張ってくれてるんだね。 これから看護師さんを見る目が変わるなー 関東では池袋のシネマロサのみ上映とのことで、バスと電車乗り継いでヘロヘロになりながら観に行ったけど、本当に見てよかった。 看護師をめざす人、これから入院するかもしれない人(これはすべての人に当てはまる?)に見て欲しいですね。 お勧めです。

  • ltd********

    5.0

    心に響く爽やかな名作です

    誰でも無関係ではいられない病院という場所でいろいろな人間を通して人生を丁寧に描いた素晴らしい作品です。大袈裟になりすぎない表現がとても好感がもてました。

  • tan********

    5.0

    ネタバレ必見の傑作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/2 ページ中