ここから本文です

ドクムシ (2015)

監督
朝倉加葉子
  • みたいムービー 24
  • みたログ 126

2.05 / 評価:106件

朝倉監督…次こそは次こそはお願いします!

  • illbeback1229 さん
  • 2016年4月10日 9時30分
  • 閲覧数 4287
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

 今作は日本が勘違いしているお得意芸の心霊ものではなくスプラッター系でR-15指定、武田梨奈が出演していて監督は自分が注目している朝倉加葉子で、それに製作に松竹が関わって、朝倉作品としては初といえるであろう複数劇場による同時公開とくれば期待せずにはいられなく、早速初日に劇場へ直行した。
 期待を込めて鑑賞したのだけれど…松竹が製作に絡んでいる割には始めから予算無し無し感満載のシチュエーションにビックリしたけど、自分がこの作品に一番求めているのは、今の日本のホラーは心霊ものしか作らず、叫べばいいと思っている演技下手過ぎ女優を起用したり、ビックリさせる事が恐い事だと大きな勘違いをしているなんちゃってホラー監督が作ったものでなく、切ったり刺したりして血が飛び散るスラッシャーをどれだけ見せてくれるかだ。
 朝倉監督はそっち系の監督で且つ今回は製作費があるだろうから結構なグロいものを期待していたのだけれど…演出が製作費が無い時の朝倉監督のものと大差ないのだ。
 朝倉監督は金が無い分刺す時の相手の顔とかをアップにしたり血しぶきを多くしたり刺す時の効果音に迫力をもたしたりと工夫していたけど(と自分は思っている。)、今作もそれを多用しているし音楽も「13日の金曜日」をパクっている感じがしたし、想像していたよりもグロくなくて期待が大きかった分、正直ガッカリ感が半端なかった。
 それ以上にガッカリというか終わっているのは内容というか脚本で、人間って水だけで1週間生きられると言われているけど、食事をしなかったら2日で考える事や喋ること動くことが出来なくなるというかそれをすることがいやになっていき気力も失せていくはずなのに、みんな七日間水だけなのにピンピンしてるし大声で喋るし終いにはセックスしちゃうわで、まるで通りすがりの人に脚本をお願いしたかのようなど素人感丸出しの内容でラストのネタばらしも開いた口が開きっぱなしでポカーン状態。
 せっかく武田梨奈が体当たりの演技をしているのにそれを全部「無」にしてしまっている。もし、脚本を朝倉監督がやっていたらもう見限ろうと思っていたけど、今回は監督だけなのでホッとした。
 もう朝倉監督は初心にかえって、旅行にきた男女5人組が殺人鬼に襲われるという単純なスラッシャー映画を撮ってその作品の主演を武田梨奈にやってもらって、特殊メイクを西村善廣にお願いすればお金を提供してくれるスポンサーはいるはずだし、いなければホラーファンからカンパを募ってもいい。(自分は喜んでカンパする。)
 それほど今の日本のホラーは破滅へと近づいているのだ。朝倉監督はその破滅を救うカギを握っている数少ない一人であるので、次作こそは…次作こそは頑張って欲しい!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 絶望的
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ