ここから本文です

死の恋人ニーナ (2015)

NINA FOREVER

監督
クリス・ブレイン
ベン・ブレイン
  • みたいムービー 16
  • みたログ 47

3.32 / 評価:34件

恋愛。曰く、不可解。

「死の恋人ニーナ」観了。

ファンタスティック️お見事。面白い!とにかく面白かった!
哀感とか哀愁とはある意味真逆のスマートホラーラブストーリー。ものすごく良い意味で裏切られた。

音響、音楽演出の力が見事。地獄でThe Beatlesのイエローサブマリンを流すようなウルトラミスが、どっこいウルトラマッチになっている。
脚本、映像美、音響が映画の三種の神器。
この作品は小品だけど、こんなワクワク感久しぶり。三種の神器がきっちり揃ってる。

ネタバレは嫌いなので、パピリックキャプションの範囲内で申せば、
彼女ニーナを事故で亡くしたホリーは失意の日々を送っていた。同じスーパーマーケットでアルバイトをしているロブは彼を慰めるうちに、互いが惹かれ合い付き合い始める。気持ちは深まりホリーの心も融け始め、二人は抱き合い、ベッドへ凭れかかる。
すると、突然、亡くなった彼女ニーナが目の前に現れ、奇妙な三角関係が始まるのだった…

絶交した会社の同期の迷言集に
「若い体は若者の物」
というのがある。
これは本人が婚活が上手くいかず、歳だけを重ねていってしまうもんどり打つような焦りの中、中年の諦めとも助平とも付かない、未練がましい言葉だ。
しかし、初老を迎え思う。
この言葉は迷言、ではない、名言だった、と。
確かに、良い歳こいて、若い女性を追い回すことなどできない。若い者同士だから、享受し合える若い体…
失敬、話が少し脱肛したようだ。

恋愛は、浅く広かろうが、狭く深かろうが、たくさんするに越したことはない。
私は、一人をねっちり深く掘り下げるタイプだが、画面の若い3人を見ていて、なんか懐かしくなってしまったよ
恋愛中の方、婚活中の方、おとっつぁん、おっかさん、必見です。
でも、一応ホラーですので申し添えます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ