ここから本文です

よしもと新喜劇 映画 「西遊喜」 (2015)

監督
嘉納一貴
  • みたいムービー 18
  • みたログ 30

3.40 / 評価:20件

解説

舞台「吉本新喜劇」で活躍する芸人が出演し、オリジナル演目「西遊喜」のアフターストーリーをギャグ満載で描くコメディー。人々を幸せにする経典を見付けるべく旅をする三蔵法師一行が2015年の台湾にタイムスリップ、妖怪の妨害をかわしながら実は台湾にあるという天竺を目指す。新喜劇座長のすっちーが三蔵法師を演じるほか、孫悟空に吉田裕、沙悟浄に松浦真也、猪八戒に酒井藍がふんし、Mr.オクレや池乃めだからベテラン陣も出演。台湾で大暴れする芸人たちや、ワイヤーアクション、CG合成など舞台では見られない演出が見どころ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

世界中の人々を幸せにできる経典を探すべく、天竺を目指して旅をする三蔵法師(すっちー)、孫悟空(吉田裕)、沙悟浄(松浦真也)、猪八戒(酒井藍)の四人。しかし、かつて三蔵法師と戦って敗北した妖怪ビッグコブラ(池乃めだか)の妖術で、2015年の台湾にタイムスリップしてしまう。ところが途方に暮れていた一行の前に現れた美女リンリン(池端レイナ)が、天竺は台湾にあると言い……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ