ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス (2016)

INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE

監督
ローランド・エメリッヒ
  • みたいムービー 984
  • みたログ 6,632

2.67 / 評価:5,471件

ドキドキしない。

  • taf***** さん
  • 2017年7月7日 7時28分
  • 閲覧数 358
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

エメリッヒも、もう老監督と化したか。
若く初期衝動の作品というのは
勢いがある。
画面からそれがなくなった。
彼は確実に枯れた。

インデペンデンスデイ
ゴジラ
明後日
2012

日常から、何かが忍び寄り
日常の壊れぶりが醍醐味のエメリッヒ。

続編ということで、
初めからそれができなかった。
日常に訪れる異変。

でも、やれないこともなかったはず。

本当に平和になったんだっていう日常から、
何人かが警鐘を鳴らしている。
とか、
もうすでに初めから奴らが帰ってきた感だすとか。

というか、なぜか画面に引き込まれるような
ドキドキがない。

なんでだろう?

前作は宇宙テクノロジーに
地球の戦力で対抗するおもしろさもあったのに
今回は宇宙テクノロジーを手にしちゃってるから
こりゃもうただのスターウォーズ。

僕も見るまでは粗探ししてんぢゃねーと思いましたが
粗探しなんかじゃなくて
本当にただただドキドキしない。
1時間近く何も起こらない。

どうせなら20分くらいでどんぱちしてくれた方が良い。

テキサスとかメリーランドみたいに
田舎のほうで、日常を描く。
主役はそこの田舎者の青年。
宇宙人の技術に興味があるが、
街の人は、おい、そんなイカ野郎のもん使ってんじゃねぇとか言われたりする。
主役は仲良くなれると信じているとか?

あと、肉弾戦はまだやってなかったはずだから
初っ端から捕らえられた宇宙人とタイマンで一対一で戦うシーンとかあっても良かったかも。
ウィルの戦闘機と敵の戦闘機の追いかけっこみたいな戦いは前作であったからね。
ナイフとかで戦う感じ。
凄腕の傭兵が戦っても良い。

とにかく、
ボケーっと見て楽しむにも
楽しめるシーンがほとんどない。

これはもう、完全にエメリッヒの老いが原因。
もう、たぶんこの人にはアクションは撮れない
それどころか、人をドキドキさせることもできないかもしれない。

僕はエメリッヒのファンだからわかる。
全部DVDも持ってる。
この枯れようは悲しみです。

大人数がごった返すのがエメリッヒ節だけど
毎回主役はいた。
でも今回はまぢで主役がいない。

てか、お約束の、連続でもいいから
ドキドキさせて欲しかった。
つまらん人の漫談だぜこりゃ。
お笑いライブでも2時間笑かしてくれるのに
ドキドキ、面白がらせる仕掛けが
本当にない。

CGでなんでもできる時代にどんぱちバトルだけではもうみんな楽しくない。

てかあれかな?
目先の利益が欲しくて無理やり企画掘り出してきて
まぁとりあえず中国だしとけば儲かるか
っていうところでしょうか?
楽しい映画を作りましょうってよりも
金稼ぎ企画に思える。
そしてエメリッヒも老いてしまい
クソみたいな映画ができてしまったのだ。

みんながつまらないと言っているのには
やはり、わけがあるんだね。

まだバトルシップの方が面白い。


あと、
俳優陣でいうと、
さすがマイティソーの弟、そっくり。
中国人女優レベル高い。
日本人には美貌と演技力と語学力を兼ねそろえた女優が少ない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ