ここから本文です

インデペンデンス・デイ:リサージェンス (2016)

INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE

監督
ローランド・エメリッヒ
  • みたいムービー 975
  • みたログ 6,295

2.68 / 評価:5,195件

インデペンデンスデイらしさ。

  • sei***** さん
  • 2017年9月25日 23時59分
  • 閲覧数 919
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作はもう20年以上前になるんですね。
その時の反響が凄くて、友人に強く薦められて劇場で観たのですがやはりそこはエメリッヒ監督、映像の迫力、個々のキャラが立ったストーリー等、圧倒されたものでした。

さて、その超大作の続編である今作。
技術の進化でしょうか、前作以上に見応えのある映像美は観る者を圧倒します。

ですが、それだけです。

内容としてはあまり良くありません。
他の方々の評価通り、いくら外側だけ着飾っても中身がなければ面白くもないです。
問題点を以下に並べてみます。

1.いきなり始まるメインキャラのやり取り。今作全体的に言えるのですが、あまりにも急で雑なので感情移入出来ない。ワイドショーでやってる人物相関図レベルでしかない。

2.今作のエイリアンは、前作のそれとは違う種族だと言うのに、エリア51で囚われているエイリアンが今回の侵略を喜んでいるという設定。セリフにあったように「敵の敵は味方」なのであれば違和感がある。

3.地球規模での戦いの筈なのに、数人でしか話が進まない。この数人で様々な事に気付き、様々な対応をする。全世界の危機感がまるで皆無。特に船で監視してる件、アクセントにもなってないから不要。

4.元大統領の特攻。水爆数発で破れなかったシールドが、娘のザコ戦闘機のビーム砲乱射で破れる。

5.謎の球体が簡単な言語の英語を話す。この設定はB級映画でも散々使われてるので飽きた。外見はゲーム『スターラスター』の中ボス。

6.葉巻を持って行ってない。

7.核が効かなかったのに制御された機体を核ジェットなんたらで脱出する。いくらなんでも理不尽。

8.無理矢理でフロック勝ちだったのにもかかわらず、今後の作戦は人類に委ねると謎の球体、浮かれる博士。それより博士、20年も昏睡してたんだから普通歩けないよ?って誰か教えてやれよ。

前作の続編である事は随所に感じられましたが意識し過ぎたのでしょうか、とても残念な映画に成り下がっています。

続編がありそうな終わり方でしたが
とても観る気にはなれません。

ID4を駄作にした罪深き作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ