レビュー一覧に戻る
ウォークラフト
2016年7月1日公開

ウォークラフト

WARCRAFT

1232016年7月1日公開

一人旅

3.0

続編は制作中止になりましたが…

ダンカン・ジョーンズ監督作。 米カリフォルニアのゲームメーカー:Blizzard Entertainmentが発売しているシミュレーション及びMMORPGの世界的ヒット作「ウォークラフト」シリーズの実写映画化で、人間とオークの全面戦争のゆくえがダイナミックな映像で活写されます。 新天地を求めて異世界から侵攻してきたオークの軍勢と人類の攻防を描いたアクションファンタジーで、人類とオークの戦いに疑問を抱く良心的な一人のオークが物語のキーパーソンとなっていきます。 原作ゲームに馴染みがない方でもすんなり理解できる内容になっていて、『ロード・オブ・ザ・リング』が好きな方には相性がいい世界観だと思います。背景を含め全面的に採り入れた流麗なCGで活写される城郭&城下町や人類vsオークの総力白兵戦は『二つの塔』を彷彿させる圧巻のスペクタクル映像を実現していますし、“フェル”と呼ばれる最強の禁断魔力を操る老魔術師も残酷無慈悲な悪役として優れた立ち回りを見せています。ただ、原作ではエルフやアンデッドなど多数の種族が登場しますが、映画版では人間とオークの闘争のみに焦点が当てられていて、両種族以外の活躍が見られないのが少し物足りない印象です(数名のドワーフは登場しますが)。 続編を前提とした中途半端なエンディングですが、のちに続編の制作中止が発表され事実上の完結篇となってしまったスペクタクルファンタジーで、原作ファン&ファンタジー好きなら観て損はない作品だと思います。

閲覧数380