レビュー一覧に戻る
フレンチ・コネクション -史上最強の麻薬戦争-

いやよセブン

4.0

実録麻薬戦争

1970年代、フランス、マルセイユで暗躍した麻薬組織、いわゆるフレンチ・コネクション撲滅に立ち上がった捜査検事(ジャン・デュジャルダン)の実話。 任命された当初はそれなりの成果を上げるのだが、黒幕の大ボスをあぶりだしてからは邪魔が入り始める。 行政の上層部に入り込んでいるらしく、遂には任務から外される。 しかし、ミッテランが大統領になり風向きが変わる。 あの時代のフレンチポップスのヒット曲が懐かしい。

閲覧数1,168