レビュー一覧に戻る
レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち
2016年2月20日公開

レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち

THE WRECKING CREW

1012016年2月20日公開

bur********

3.0

Bad Vibration ...zzZ

最悪でした。ほんま最悪 (-""-;)  と言っても、映画ではなく客の質ですが… 一人あいだに挟んで3つ離れた席に座っていたバカップル。予告編では大声で、本編上映中も小声で喋り続け、男のほうは映画で流れる曲に合わせて足でリズムをとるのですけど、それが視界に入って目障りだったし、エンドロールに流れる歌を口ずさんだりして非常に鬱陶しい。 もっと最悪なのは、斜め後ろの中国人みたいな風貌のおっさん。なにか食べているらしくビニール袋をガサガサ音を立て、しばらくして静かになったと思ったら半径5メートル以内の空気が震えるような大いびき Σ( ̄皿 ̄;; ちょうど「Good Vibrations」が流れた頃から最後まで寝ていました。 いつもなら、いびきかいて寝ている人が隣とか前の席に座っていたらつついて注意するのですが、今日は注意するとこちらが他の客の迷惑になりそうな座席位置だったので泣き寝入り(T^T) しっかし、こいつら、ミュージシャンのドキュメンタリー観る態度ちゃうやろ!『パージ』のような法律があったら、この三人を間違いなく…(苦笑) 全体的な客層としては30~60代が殆どで、普段10代20代を“ゆとり世代”と呼んで下に見て馬鹿にしているけど、自分たちのほうがよっぽど他人に迷惑をかけているというのを自覚して欲しいですね。 さて、愚痴ばっかり言っても仕方ないので、本編、 上記のような状態でしたのでほとんど頭に入らなかったのですが、音楽ドキュメンタリーとしてはお世辞にも良かったとは言えません。 レッキング・クルーのメンバーにトミー・テデスコ(監督の父で「バットマンのテーマ」の作曲者)やレオン・ラッセルなど知っている名前があったり、あの曲もこの曲も(『フォレスト・ガンプ』のサントラはレッキング・クルーなくしては存在しなかったかも)彼らの演奏だったのかと驚きがありました。 しかし、 インタビューも音楽もぶつ切りで、かなりとっ散らかった印象。 1曲まるまるというのは難しいかもしれないけど数小節だけ聴かせられたら逆に欲求不満がたまります。 また、 フィフスディメンションの「Up Up And Away」やバーブラ・ストライザンドの「追憶」、カーペンターズの「イエスタデイ・ワンスモア」も彼らの演奏だそうで、映画館の音響で聴きたかったのですが、著作権の問題か全く流れませんでした。 まあ、 動いて語るハーブ・アルパートやルー・アドラー(『ロッキー・ホラー・ショー』のプロデューサー)、それにフランク・ザッパが見れたので、甘いけれど★1つプラスして3つとしておきます

閲覧数997