レビュー一覧に戻る
ディストラクション・ベイビーズ
2016年5月21日公開

ディストラクション・ベイビーズ

R15+1082016年5月21日公開

りよ

5.0

星が少なくて可哀想だが所謂評論家絶賛系の

ただのダルい映画。低評価すぎて、俳優とバーの店長がかわいそう度に星5つ。 プロットもコンセプトも魅力的。原案の実話を話したバーの店長さんはすごい。映画化しようと思ったところまでは監督は評価できる。(映画自体はつまらん) 4人のキャラクターの配置やバックグラウンドもいい。 若手4人の演技もとても良かった。 リアルでこういう奴らっているよなって思う、吐き気のしそうな悪の部分と人間の弱さと力強い生命力を感じる演技だった。ほとんどの若い奴にとってこういうのが普段のリアルなんだよなって共感した。綺麗事とかなし。みんなクソみたいな生活。圧倒的暴力が無茶苦茶にして暴いていく小さな世界。 ストーリーもいい、ロケ地もカメラの絵面もいい。すごく印象的。 ただ脚本と編集がクソすぎて、テンポが悪いしスリルも感じないし全然面白くない。 こういう、わかる人には分かるみたいに思わせて作ってる本人しかぜったいわからんやろみたいな作り、日本映画に多いけど、まじでダサい。 脚本の知能が低い。適当すぎる。穴だらけ。真面目すぎ。もっと必要なシーンあるやろ。 緩急もない(音楽全編ずっと向井とかアホの所業)。 この人絶対デートもキスも下手。そしてなんなら映画も下手。 脚本の薄さと下手さを俳優がカバーしてる気がする。 もっと沢山の人に見られる作品づくりをしたいと思わないいのが謎。俳優がかわいそう。 いわゆる評論家(笑)にとてもうけそうで尚のこと腹立たしい。 日本の映画ってまじでおもろないという絶望感とこの作品のストーリーの絶望感がリンクするわ。そんなアホな話あるか。 こんな映画作ってて、普段はユルユル仲間内で、あーあそこのあのシーンよかったよねぇ〜とか褒めあって、どこにあるかもわからん外国の賞取れて偉そうにしてそうなのが余計腹立つ。 一言で言うと、全然面白くない映画です!以上。 失敗作だと思って、また次回作にチャレンジしてほしいですね。このくらいがピークで終わる日本の監督多すぎ。 あくまでも平凡な凡人の感想です笑 最後に一言 一日か二日くらいの時間軸で、人ぶん殴りまくってぶん殴られまくってるはずの役者の顔がなんであんなに綺麗なんじゃー!嘘くさいんじゃー! 山間の一般道で160kmだしてあんな長い時間走れるストレートないってジャパンに住んでたらわかるやろ。海沿い行くか高速乗れやーーーそれかもっと市街寄りのバイパスにしろやーーー こんなん観られるわけないやろ。アホか。アホアホアホーーー パラサイトがどれだけ面白かったか比べたらよくわかる。負けてますよ。 こんなんにお金だしませんって。

閲覧数2,732