ここから本文です

蜜のあわれ (2016)

監督
石井岳龍
  • みたいムービー 212
  • みたログ 722

2.98 / 評価:530件

二階堂ふみ。最高

  • bea***** さん
  • 2016年4月12日 9時40分
  • 閲覧数 3366
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

以前原作を読んで「ほんとうに詰まらない」と思ったので、映画化されると知ってあの詰まらない小説をどのような映画にするのか興味が沸いた。
愚行に違いない。これ程まで突拍子もない事を思い付くのだから、企画者はよっぽど勝算があったのだろう。
採算をおけば、その目論見は当たっていたといえる。なんと素晴らしい作品になったことかというのが率直な感想だ。
出演者がみな多くを作品の為に捧げていた姿勢にも感動したし、「何を馬鹿なことを」と云いながら胸躍り見終えてしまった。珍しい事だ。細かい演出も私には楽しかった。例えば幽霊を追いかけるシーン。普通は幽
霊は消えるものです。けれどもひたすら駆けて行く。しかも追い付かれる。まるで「こんな幽霊はいやだ」というやつではないか。
いい映画を見た。室生犀星も喜んでいることだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ