ここから本文です

蜜のあわれ (2016)

監督
石井岳龍
  • みたいムービー 212
  • みたログ 715

2.98 / 評価:527件

頼むから、謙虚になってくれ監督さん

  • 島田庵 さん
  • 2016年4月7日 23時48分
  • 閲覧数 5445
  • 役立ち度 31
    • 総合評価
    • ★★★★★

予告編で、
自分を「あたい」と呼ぶ二階堂ふみさんを見て、
これは観たいと思った。

観る前に、
室生犀星の原作を、4分の1ぐらい読んでみた。

会話だけで話が進む。
戯曲からト書きを除いた、
あるいは落語から説明を省いた感じ。
そして中身はファンタジーであり禅問答であり、
不思議な面白さ。

これは期待できるんじゃね?

で、映画。

二階堂ふみさんは、見事だった。
ちゃんと金魚だった。

でも、
その他、監督の演出が、なってない。
たとえば真木よう子さん演ずる田村ゆり子。
次の場面で「彼女はとっくに死んでる。幽霊だ」
という話になるんだけど、
そもそも最初から、画に描いたような幽霊装束じゃん――なんじゃそりゃ。

それから、
余計なダンスの場面を加えて、
けっこう尺とったり。

他にも、
観た後に原作を最後まで読んでみたら、
原作の飄々とした味わいを
この監督は過剰な演出と余計な場面のつけたしで
見事にぶっ潰して台無しにしたというのが分かった。

同じ文句を何度書いたことか。
監督さん方、なぜ余計なことをする。
余計なことをすればするほど、ダメになるのに。
自分に創造力があると勘違いしてるんだろうか。

たのむから、
謙虚になってくれ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ