ここから本文です

仮面ライダー1号 (2016)

監督
金田治
  • みたいムービー 150
  • みたログ 980

2.99 / 評価:824件

ある意味、今までで一番ダメかも?

  • har***** さん
  • 2016年3月29日 5時10分
  • 閲覧数 4974
  • 役立ち度 28
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画の監督の金田治は、駄作を作ることで有名です。

今作は、藤岡弘、が企画段階から参加する熱の入れようでしたが、
さすがは、金田治!期待を裏切らない!
やはり、駄作に仕上げました。。

二代目の宇宙刑事ギャバンの映画のような感じです。
とにかく、テンポが悪く、一つ一つの間が長い。
あれをもっと長くした感じです。

藤岡弘、が命について熱く語るシーンが多く、
内容的は良いのかもしれませんが・・・、
なにせ、テンポが悪く、間延びするため、
観ていて退屈な客も多かったようです。

上映中、席をはずす親子連れが目立ちました。
暫くして、ドリンクやポップコーンを持って戻ってきたので、
売店に行ってたんでしょう。

客が映画に集中出来てない証拠。
子供には、お勧め出来ません。

◆ 肝心の映画の内容はというと・・・、

竹中直人の寒~いカラオケのところで、
街の異変を聞き、タケル達が街に向かうと、
悪の組織ショッカーが2つに分裂して、
街で争うところから始まります。

ショッカーは、まゆを執拗に狙います。
まゆの体内に、アレキサンダー大王のアイコンがあり、
それが地獄大使の復活に必要らしいけど、
何故、まゆの体内に? 説明無し。


金田治監督は、二代目ギャバンの映画の時にも、
ドンホラーの復活のために、
ヒロインの女性が何故 必要なのか説明無しでした。
あれと同じです。


対して、ノヴァショッカーの目的は、
従来のショッカーとは異なり、
経済で世界を支配する、と。

日本中の電力を独占した後、
日本政府に、電力を買うよう迫ったりします。

しかし、後半、力を欲して、
アレキサンダーアイコンを奪います。
目的に一貫性が無い。
しかも、アイコンで強大な力を得た後、
力を制御出来ず、心をのっとられて、
仲間の女性を殺します。

そういえば、幹部の中で、
長澤奈央だけは怪人に変身せず、違和感ありました。

違和感といえば、編集の仕方も下手!
戦闘シーンから唐突に戦闘後に切り替わる事が何度もあります。
さっきまでの戦闘は? どうやって逃れた?

●戦闘シーンも全体的にダメ。。。

ショッカー
今回は、地獄大使 ( ガラガランダ ) と、
毒とかげ男、シオマネキング、ガニコウモル、だけ。
しかも、ガラガランダ以外は、
特殊能力を使わず、肉弾戦のみ。

また、ゴースト&スペクターも、
ほとんど基本形態です。

●それと、本郷さん。。。
ショッカーが街で暴れてるときに、
呑気に森で薪割りしてたり、
まゆちゃんとデートしてたらダメでしょ‥(苦笑)。

いくら、まゆから、もう戦わないよう、お願いされたとはいえ、
ここは、まゆを説得して、戦いに行かないと。

● この映画は、藤岡弘、が、終始、命について語ります。
・・・なのに、一度死んだ本郷猛が、
後半、奇跡が起きて復活!何それ・・・orz。

命の尊さを伝える割には、
命の扱いが軽すぎませんか?

● しかも、復活する前の火葬シーンが、長い長い!!
燃え盛る炎を前に、まゆが泣き叫ぶシーンが、
やたら長い上、何度も、くどくどと流れます。

OKテイクも、NGテイクも、全部、上映?って思うくらい長い。
良いシーンが台無し・・・。

それより、せっかく、ゴーストと共演だし、
TV で、カノンちゃんを生き返らせたように、
アイコンを集めて、本郷猛が復活!という展開の方が、
まだ納得がいきますよ。
 
三つ巴の争いも、アイコン集めの過程での争い、
の方が良かったと思う。

ちなみに、カノンちゃんは出番無しです。

●最終決戦では、
歴代ライダーアイコンを使います。
でも、印象に残らないし、
戦闘員相手に使う必要性が無い。
手に入れた過程の説明も無い。

同じ監督の過去映画で、
オーズキーや、メタルヒーローキーがありましたが、
あれと同じ、前フリ無し、説明無し、です。

一見、派手な画面の最終決戦も、
ただ長いだけ。途中で飽きます。。
 何故か?
倒すまでの戦いの組み立てが無い。

しかも、強さの基準が曖昧;;

強大な力を得た敵を、
地獄大使の協力も得て、4対1とはいえ、
基本形態で倒しました。

この時、地獄大使が、
途中、画面から消えた時間があったけど何故?

●地獄大使が、戦闘終了後、
重傷にも関わらず、本郷猛に、
「俺との決着を‥」 と求めたのに対し、
本郷猛は、にっこり笑って、
「 体をいたわれ。」 と言い、去ります。

直後に地獄大使は死亡。
このやりとり、おかしい・・・。
台詞が かみ合わない。

ここは、地獄大使の心を汲んで、
とどめをさした方が、良かったと思います。

◆ そして、最後に、
忘れちゃいけない大切な事。

ノヴァショッカーに奪われた電気を取り戻し、
元の生活に戻って初めて、めでたしめでたし、ですよね?
 ・・・ほったらかしやんか!!!

今作も、過去の金田治監督作品と同様、
思いつきのネタを並べただけ、
演出も整合性も無い駄作でした。。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ