ここから本文です

仮面ライダー1号 (2016)

監督
金田治
  • みたいムービー 150
  • みたログ 980

2.99 / 評価:825件

トドメを刺された・・・。

  • ish***** さん
  • 2016年3月26日 15時45分
  • 閲覧数 4397
  • 役立ち度 42
    • 総合評価
    • ★★★★★

見終わって1時間・・・「当分の間、新しい仮面ライダーは見ないようにしよう。」と心に決めました。
感想を述べていきますが、あくまで個人的な感想であるのであしからず。

1.どこら辺が『命の尊さ』を伝えているのか?
 私は「命は一人に1つしかないから尊い」と思っています。また『限りあるものだから尊い』とも思っています。
 仮面ライダーは不死身だと!ふざけるな!それこそ『死』を軽んじている。死んでしまうから、だから命は大切なんじゃないんですか?死が近づいていたから、だから麻由に会いに来たんじゃないんですか!?仮面ライダーは人間だ(改造されてるけど)!ウルトラマンじゃないんだぞ!せっかくゴーストを出しているんだから、本郷の意思を受け継いだゴーストが自分の力で敵を倒すでよかったのに・・・。そういう意味なら『仮面ライダーは不死身』というのも受け入れられる。
 子どもが見るものだし、そんな現実を見せつけてもしょうがないのは分かってます。でも「命の尊さを伝える」にしては、あまりにも軽すぎる気がしました。それは最後の地獄大使が死ぬ場面もそう。味方になるのは少し微妙だと思ったけど、一緒に戦ったのに、今にも死にそうな地獄大使にあの態度は無いんじゃないですか!?「戦え!」ってあんなに必死に言っているのだから、せめて「今のお前とは戦う気にはなれない・・・。どうしてもというなら、その傷を癒してから来るんだな」もしくは「どうしてそこまで戦おうとする?死ぬ間際くらい、戦いを忘れたらどうだ?」ぐらい言ってほしかった・・・。

2.1号が格好良くない
 物語も気に食わなかったが、ライダーのアクションも心が躍らなかった。ビジュアルは良いと思ったんだけど、でも動くと、すごい微妙だった。特にキック。フォルムが太いから回し蹴りが格好良くない。決めのライダーキックも「よっこらせ感」が半端ない。変身シーンも、前々回(?)のムービー大戦だか何だかでやってた方が気合入ってる気がしたし、格好良かった。

3.その他
 無駄なイチャイチャシーン、何度も入る効果音、助けを求める声に応じず罵声を浴びせられる本郷、変身前だと足が上がらない本郷、チャラいレッツゴーライダーキック、これら全部が気に食わない。

「愛と正義と勇気と夢と希望を持って、命の尊さを伝える」って話だったけど、平成仮面ライダー第一作『仮面ライダークウガ』の方が、よっぽど言われてたものが伝わってきましたよ・・・。

もう私は当分いいです、仮面ライダーは。っていうか許容できない。批判ばっかりしたくもないし。
いつかまた『悲しみを背負い味方も期待できずボロボロになりながらも、でも、それでも世界の平和のために悪の組織と戦う仮面ライダー』を見れることを願っています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ