レビュー一覧に戻る
ルーム
2016年4月8日公開

ルーム

ROOM

1182016年4月8日公開

kaz********

4.0

ジャックの世界は限りなく広がっている

何の予備知識もないままストーリーを追うと、そこが密閉された空間だということが徐々に分かってくる。ジョイとジャックが仲良く生活している姿からは幸せな母子としか見えない。しかし、二人は残忍な男によって外に出られない『部屋』に長期間幽閉されていたのだ。  物語はこの幽閉された空間からどうやって脱出し自由を勝ち取るかということが焦点かなと思ったら違った。上映時間の半分も経たないうちにジャックは密閉空間から脱出を図り目的は達成されてしまうのだ。ジャックは5歳になるまで、世界はこの狭い空間しかなく壁の向こう側に別の世界があることを認識できなかった。母親のジョイはそういう風に教えてきたのだ。TVで見る世界はニセモノだと信じてきた。しかし、ジャックが5歳になった今ジョイは、脱出しなければならないと、オールド・ニックと呼ばれる男が仮病のジャックを病院に連れて行くように仕向ける。投薬で済ませようとする男を騙して、死んだふりをして脱出が成功するように予行演習するジョイ。計画は成功して・・・・・・・。  ジャックの証言によりジョイも解放され自宅に戻るのだが、幽閉されていた7年の間に家庭は大きく変化していた。事件を知ったマスコミや近所の人たちが家の周りを囲み、自由になったはずの自宅も外に出られない『部屋』と同じ状態になる皮肉さ。そして、いつまでもバーチャルの世界で遊ぶジャックに怒りの感情をぶつけ、あげくの果てに心ないマスコミのインタビューに傷心して自殺を図ってしまう。それを救ったのもまたジャックだった。  ジョイ役のブリー・ラーソンは素晴らしい演技だったが、ジャック役のジェイコブ・トレングレイの演技もそれ以上に素晴らしかった。難しい役どころだったと思うがよくやったと思う。ジャックは母から様々な知識を学んだが、リアルな世界はこれから一歩一歩経験していくことだろう。母と子が再生の決意を示した希望ある作品に万歳。

閲覧数2,115