レビュー一覧に戻る
ルーム
2016年4月8日公開

ルーム

ROOM

1182016年4月8日公開

エル・オレンス

5.0

ネタバレジャスティン・ヘンリー以来の名子役。

ジョイ役のブリ―・ラーソンの主演女優賞は納得ですが、それ以上に、息子ジャック役のジェイコブ・トレンブレイの演技が大人顔負けの名演技だと思います。なのに同年の主要の賞レース演技部門の候補にすら全く絡んでいないのが信じられないです。 あの『クレイマー、クレイマー』(1979)のジャスティン・ヘンリーの再来ではないでしょうか。 全編通して暗く重たい展開が繰り広げられる中で時折挟まれるホッと心温まるシーンに救われます。特にジョイの母親の恋人レオとジャックのやり取りがとても良いです。(レオのキャラクター自体も一番魅力に満ちています) ジャックが初めて目にする雲一つない一面の青空のシーンをはじめ、強く印象に残る映像カットも数多いです。 犯罪者の血を引く幼いジャックの今後の人生は、決して平坦とは言えないでしょうが、日々のささやかな幸せや愛をエネルギーにたくましく成長していって欲しいと強く願わずにはいられないです。 =================================== ★2015年アカデミー賞 主演女優賞(ブリ―・ラーソン)受賞  (※作品賞ノミネート) ★2015年ゴールデングローブ賞【ドラマ】 主演女優賞(ブリ―・ラーソン)受賞  (※作品賞ノミネート) ★2015年トロント国際映画祭 観客賞受賞

閲覧数4,035