ここから本文です

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (2016)

ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS

監督
ジェームズ・ボビン
  • みたいムービー 782
  • みたログ 3,478

3.49 / 評価:2,679件

魚の骨が咽喉仏に刺さった感じがして……

  • fg9***** さん
  • 2017年6月5日 10時41分
  • 閲覧数 747
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …今から40年以上も前の卒業論文が『Alice's Adventures in Wonderland(不思議の国のアリス)』&『Alice Through the Looking Glass(鏡の国のアリス)』だったが、何を書いたのか全く覚えていない。
 …前作も観ているので、観てみる。
 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでいいいだろう。
 『ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。
 マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待っていたのだ。
 ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王(アン・ハサウェイ)たちから頼まれ、マッドハッターの家族をよみがえらせるべく、過去を変えようとする。
 時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)から時間をコントロールできる“クロノスフィア”を盗み、時間をさかのぼったアリスだったが……。』
 CGを駆使した映像は綺麗で見飽きなかった。
 でも、基本物語の進行がアリス、タイム、赤の女王の3人だけで成り立っているように思われて、ストーリーに奥行きが感じられなかった。
 マッドハッター(ジョニー・デップ)は精彩欠け気味で、トウィードルダム&トウィードルディー、白ウサギ、チェシャ猫などの人気キャラクターはストーリーにどう絡む訳でもなく残念だった。
 一番怪訝に思ったのはアリスの年齢設定だ。
 ミア・ワシコウスカは撮影時26歳で、最近見た『ボヴァリー夫人(2014)』では小ぶりのオッパイを二度ほど垣間見せていたが、その彼女が10歳未満の少女のアリスを演じるのって、おかしくネェ?
 そこいらへんが絶えず魚の骨が咽喉仏に刺さった感じがして、違和感を覚えてしまったがな~。
 映像と時間の概念的には好きだったのに、残念!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ