ここから本文です

神様メール (2015)

LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT/THE BRAND NEW TESTAMENT

監督
ジャコ・ヴァン・ドルマル
  • みたいムービー 203
  • みたログ 940

3.40 / 評価:704件

人生は確かに有限なのだから…

  • 一人旅 さん
  • 2018年11月11日 11時46分
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジャコ・ヴァン・ドルマル監督作。

6人の新たな使徒を探すため地上に降り立った神様の娘とそれぞれに事情を抱えた人々の出逢いを描いたコメディ。

『トト・ザ・ヒーロー』『八日目』『ミスター・ノーバディ』のベルギーの名匠:ジャコ・ヴァン・ドルマルの長編第4作で、群像ドラマにファンタジーを程よく溶け込ませた優しい眼差しによって人生の本質を浮かび上がらせています。

横暴な神様を父親に持つ10歳の少女が、人間を好き勝手に苦しめている父親への反抗心から、地上の全ての人間に余命宣告を記したメールを一斉送信してしまう。やがて自宅アパートの洗濯機からブリュッセルに降り立った少女は、「新・新約聖書」の作成を遂げるべく6人の新たな使徒を探すことに。街では自分の余命を知った人間達が突然の余命宣告に慌てふためき、それまでとは違う行動を取り始めていて…という風変りなお話で、“余命を知った人間の心理と行動”が興味津々に描かれています。中でも、「余命が確定している」→「余命が尽きる瞬間までは何をやっても死なない」という逆転の発想に基づいた若者の無謀な行動(高い所から飛び降りる)がユーモラスですし、「一分一秒でも残りの人生を無駄にできない」という切迫した想いからそれまでとはまるで違う行動に出る人々の姿を過去と現在を交錯させながら群像的に映し出しています。

神様の娘とそれぞれに異なる境遇や悩みを抱えた人々(6人の新・使徒)との出逢い&関わりを通じて、確かに有限である人生の本質と後悔せず生きる在り方を優しく提示した人生探求ドラマの佳作。妻に命令&娘に暴力&人間を故意に苦しめて快感を味わう―とんでもなく“クズ”な神様のキャラクターや、ゴリラと真剣な恋に落ちる熟年主婦(演じるは大御所:カトリーヌ・ドヌーヴ)のシュールな画も鮮烈であります。

蛇足)
監督のジャコ・ヴァン・ドルマルが、余命宣告メールを受信直後にバスに轢かれて死ぬ男役でカメオ出演しています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ