レビュー一覧に戻る
日本で一番悪い奴ら
2016年6月25日公開

日本で一番悪い奴ら

R15+1352016年6月25日公開

ac7********

4.0

ネタバレ日本警察の闇とも言える事件・・

北海道警で起きた組織的やらせ捜査事件の稲葉事件をモチーフにした映画です。 実際に事件が起きたのは、私が子どもの時でしたのでほとんど覚えていません。 ですが、この映画を見ていると、今もそうですが、警察組織全体の闇が垣間見えてきますね・・ 綾野剛さんの演技は間違いなく本物です。あれだけ、素朴だったはずの新人警官が、だんだんと悪の道に墜ちていく様は綾野さんの演技力だからこそ、魅力すら感じてしまうものでした・・ 他の役者さんたちも、全員素晴らしい演技で、特に綾野さんと濡れ場を演じた女優さんの脱ぎぷっりはすごいです・・ ほとんど見えていました・・さすが、R15と言ったところでしょうか・・ そして、後半から、順風満々だった悪の道も、一つの失敗ですべてが終わります・・ 薬物を持ち逃げし、そのままやらせ捜査は失敗・・裏社会の人間とつるんで成り上がろうとしても、所詮は裏社会・・そう言った相手を信じ切ってしまったあげく、はめられて逮捕されてしまったピエール瀧さん演じた刑事さんもですが、やはり、こう言った組織の中で大きくなると歯止めがきかなくなるんでしょうかね・・ もちろん、この映画はフィクションですが、ほとんど、実際に起きた事件とほぼ同じです。 まさしく、日本警察の闇とも言える事件・・ ですが、日本の国民の警察への信頼度は、実は先進国では高い方らしいです。 これは、私も驚きました。だからこそ、こう言ったことが起きないように、警察を始めとした組織の方は、その信頼を損ねるような真似はしないで、これからも高い信頼度でいてほしい・・ そんな風に思わせてくれる映画でした。 繰り返し観たくなる映画ではありませんが、観る価値は充分にあります。

閲覧数2,864