ここから本文です

ヘイル、シーザー! (2016)

HAIL, CAESAR!

監督
ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
  • みたいムービー 192
  • みたログ 899

2.78 / 評価:619件

●●なんだか残念な仕上がり●●

  • purin*** さん
  • 2018年5月1日 9時56分
  • 閲覧数 663
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ふだんコーエン兄弟作品だからと特に選ぶことはないけど、これは予告が面白そうだったので見てみる。
まずキャストがなかなかオツで、ちょい役で色んな人が出てきて贅沢感はあった。
渋いところではクリストファー・ランバートなんかが意外な役で出てたり、後からWikiで潜水艦の艦長が
ドルフ・ラングレンって見て再確認したけど、これは知ってても絶対に分からん!っていうカメオ出演。
西部劇専門役者に苦労させられるレイフ・ファインズやスクープを狙う記者とスタジオの駆け引き、キリストを
扱う映画を撮るにあたって宗教各派の代表を集めて会議するシーンなどなど細かい部分では面白いシーン多数。

映画スタジオの内幕ものとしては、トラブルに次々対応する凄腕ジョシュ・ブローリンがすごくいい味出してて
当時の雰囲気も味わえてけっこう好きなテイストなんだけど、全体を通して見ると退屈な印象なのはなぜなんだろう。
唐突にソ連の潜水艦が出てきて、チャニング・テイタムが亡命するオチが突飛すぎてついて行けなかったけど
当時の赤狩りって聞いたことはあるけど詳しくは知らないし、こういうことも全くないことでもなかったのかな。
さすがに潜水艦はないだろうけど笑。 当時のハリウッドの共産主義者を皮肉ってる感じはした。

それと字幕で見たけど、西部劇俳優の訛りのくだりは字幕で表現する苦労がしのばれて、アクセントがらみのネタって
日本人にはニュアンスが分からないから難しいと思う。吹き替えで変に日本の訛りで話されてもシラけるし。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ