ここから本文です

ヘイル、シーザー! (2016)

HAIL, CAESAR!

監督
ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
  • みたいムービー 195
  • みたログ 893

2.79 / 評価:615件

解説

オスカー常連のジョエル&イーサン・コーエン兄弟によるサスペンスコメディー。ハリウッド黄金期を舞台に、超大作映画の撮影中に誘拐された大スターを奪還すべく、スタジオに雇われた何でも屋による捜査を描く。ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、チャニング・テイタム、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンドら豪華キャストが出演。さらに、コーエン兄弟が新たに挑戦したスターたちによる華やかなミュージカルシーンも見どころ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1950年代のハリウッド。スタジオの命運を左右する超大作『ヘイル、シーザー!』の撮影中、世界的大スターの主演俳優ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が何者かに誘拐されてしまう。事件解決を任されたスタジオの何でも屋(ジョシュ・ブローリン)は、魅力あふれる若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や著名なミュージカルスター(チャニング・テイタム)ら個性豊かな俳優たちを巻き込み、ウィットロック奪還に向け奮闘する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures

「ヘイル、シーザー!」少し変なスターたちが愛おしい、黄金期ハリウッドで展開するコーエン喜劇の集大成

 兄弟で監督・脚本・製作を担い、幅広いジャンルで傑作を生み出してきたジョエル&イーサン・コーエン。彼らの最新作は、コメディー基調でありつつ、誘拐をめぐるサスペンスも加わり、さらには往年のハリウッドへのオマージュもちりばめられて、コーエン映画の集大成となっている。

 舞台は1951年のハリウッド大手スタジオ。同時進行で撮影されている多彩な映画の1本が、本作の題名になっているローマ史劇「ヘイル、シーザー!」だ。その主演スター(ジョージ・クルーニー)が、謎の一味に誘拐されてしまう。事件解決に向けて、日頃からあらゆるトラブルに対処するスタジオの“何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)が動き出す。

 劇中劇として適宜挿入される、撮影中の新作のシーンがどれも豪華で盛り上がる。先述のローマ史劇のほかにも、人魚姫のスカーレット・ヨハンソンがシンクロナイズド・スイミングチームと水中で舞い、水夫姿のチャニング・テイタムが歌い踊る。映画愛あふれる各場面が映像的な見せ場になるだけでなく、それぞれのスターが問題や秘密を抱え、何でも屋の仕事と誘拐事件に関わってくる仕掛けだ。

 キャスト陣の中でも一番の役得(観客にとっての掘り出し物)は、西部劇の若手俳優を熱演したアルデン・エーレンライクだろう。馬とロープの扱いは抜群だが演技力はからきしのキャラで、上品な台詞の言い回しを指導する監督(レイフ・ファインズ)との応酬は抱腹絶倒。お笑い担当かと思いきや、要所でブローリンやクルーニー、双子のゴシップ記者に扮するティルダ・スウィントン(二役)ときっちりからみ、影の主人公と言ってもいい。

 本作の登場人物たちは、映画業界という特殊な環境にいるものの、極端な変人も圧倒的な悪人もいない。誠実に仕事に取り組み、信念を持って行動するが、少しずつずれた部分もある。この“ずれ”こそが、コーエン兄弟の作劇の肝ではないか。キャラたちのずれとずれがこすれる摩擦がエネルギーを生み、ある時は笑いをはじけさせ、ある時は物語の推進力になる。

 これは私たちの日常にも通じる。他人と関わる場面で小さな摩擦や衝突は尽きないが、それが成長の機会になったり、差異が豊かさをもたらしたりする。ブローリンが訪れる中華料理店の場面で水槽の中を泳ぐ金魚は、銀幕の中で輝くスターの暗喩だけでなく、ささやかな人生の主役である私たちをも象徴している。そう解釈するなら、「君主を称えよ」を意味する題を冠した本作は、単に映画へのオマージュにとどまらない、おかしくも愛おしい人生への賛歌なのだと結論できよう。(高森郁哉)

映画.com(外部リンク)

2016年4月28日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ