ここから本文です

シマウマ (2015)

監督
橋本一
  • みたいムービー 31
  • みたログ 174

2.67 / 評価:146件

薄くて浅いビザール

  • そのひぐらし さん
  • 2020年3月23日 22時19分
  • 閲覧数 1448
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ビザール、グロ、残虐と形容できるシーンが続く。初めの方で主人公のドラがリンチを受けるところは、私も正視できなかった。制作者には本望だろう。
だが、そこは作り物である映画なので、見ているうちに慣れ、飽きてきた。残虐が好きでたまらない人は別として、もっと背景を見せてくれたり、演出にメリハリをつけてくれないと、別の意味で見るのがつらい。
 結局、内容が薄いのである。準主人公のアカは、高校で苛めを受けた過去を持つ。だが、この残虐ぶりとは結び付かない。生来、残虐な性癖なのだろう。吉田は内向的な変質者だが、これも生来のものと思われる。被害者というべき網川も、生来のゆがんだ性格。子供の事故という圧倒的な挫折はあるのだが、取る行為との関連は薄い。いずれも何か背負っているようには見えない。生来のビザールな性癖のまま行動している。
 主人公はドラなのだが、上記3人の存在感に押されてしまっている。だが、ドラも人の痛みを感じない素質を持つというだけの男だ。それだけのことなので、よりエキセントリックなアカより存在感の弱い主人公になってしまった。
 どんなに残虐であっても、この映画の登場人物に、深い闇とか、底なしとかの形容は難しい。結局、性癖のままに行動しているだけなので、非常に内容の薄い、また底の浅いものを感じた

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ