ここから本文です

デスノート Light up the NEW world (2016)

監督
佐藤信介
  • みたいムービー 1,214
  • みたログ 7,035

2.68 / 評価:6,225件

典型的なダメな続編

  • pha***** さん
  • 2019年5月26日 16時41分
  • 閲覧数 1421
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

東出さんと池松さんに菅田将暉さんと若くてもクセある俳優を起用したが、あまりの脚本の無残さに俳優の演技も空回りしているようにしか見えない。

やはり前シリーズの藤原竜也のキラとLの松山ケンイチが凄すぎた。今作はそのキラの後継者物語だが、いずれも頭のキレも予想外の展開もなく、出来の悪い焼き直しにすらなっていない。唯一は連続登場した戸田恵梨香さんくらい。

松山のLは作り込み過ぎていたが、繊細で極めて慎重、先読み能力がずば抜けていたが、見た目や行動は変人。池松さんも、普通のキャラではなく、作ったのだろうが、違和感だけ。

デスノートが6冊になったというのがポイントのはずが、まったく生かされていない。結局は2冊の話で同じ。Lが名前を先日付でデスノートに書かれ、その間はデスノートの効力がないとか、キラがわざと記憶をなくして、誰にもキラとばれないようにしたとか、人間に情が移り、介入して滅ぶ悪魔とか、ネタまで全部同じでは新味がない。6冊のデスノート使いをフルに使って頭脳戦でのバトルロイヤルとか、他の悪魔の造形もみたかった。リュークの魅力も今一つであった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ